BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS 恐怖のあまり涙…THE ポッシボー 新曲MVで高度4000mからスカイダイビング

<<   作成日時 : 2013/08/22 13:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

THE ポッシボー

アイドルグループ・THE ポッシボーが9月11日に発売する新曲「乙女! Be Ambitious!」のミュージックビデオが完成し、YouTubeにて公開された。

THE ポッシボー

今回のミュージックビデオでは、THE ポッシボーが富士山よりも高い4,000mから、なんとステージ衣装のままスカイダイビングを敢行。スカイダイビングシーンだけでなく、実際に飛ぶまでの講習風景なども含まれた、アイドル界では初のスカイダイビング・ドキュメンタリーMVとなっている。

THE ポッシボー

THE ポッシボー

THE ポッシボー

特に、メンバーの秋山ゆりかが飛ぶまでの過程は見所となっている。極度の高所恐怖症である彼女は、現地に着くや否や恐怖からずっと無言となり、ヘリコプターに乗ると目から大粒の涙がボロボロとこぼれ出す。そして、怯えながらも決死の覚悟で見事にダイブ。

THE ポッシボー

THE ポッシボー

THE ポッシボー

ダイビング後、秋山は「怖くて怖くてしょうがなくて、飛ぶ直前まで何度も母に帰りたい帰りたいと電話していました(笑)。いざ飛んでみたら上空4,000メートルからの風景は最高でした。でも、もう二度とやりたくはないですね」と語った。

THE ポッシボーは先日8月18日に東名阪ツアーを終えたばかり。ツアータイトル「東名阪ライブツアー2013勝負〜合計2,222名動員でサンプラ押さえっ!!〜」の通り、このツアーで2,222名(中野サンプラザの客席数)を動員したら中野サンプラザを押さえるという企画のツアーだったが、千秋楽の大阪公演で発表された動員数は2,195名。あと一歩で惜しくも達成とはならかなった。

メンバーの岡田ロビン翔子が「結果が出ました。合計2,195名で、27人足りませんでした。めっちゃ悔しいです。人生甘くないですね…」とステージで結果発表すると、悔しさにメンバー全員がステージで号泣。ツアー後ロビンは「この悔し涙をいつか嬉し涙に変えます」と捲土重来を宣言。

あと僅かで達成できなかった悔しさがポッシボーをあらためて奮い立たせている。今後は、8月28日のユニコーン武道館公演「手島いさむ50祭 ワシモ半世紀」へのゲスト出演、そして11月24日の赤坂BLITZ単独ライブと、まだまだTHE ポッシボーの挑戦は続く。ツアー目標は惜しくも達成出来なかったが、ツアー動員数は過去最高を達成し、V字回復はまだまだ進行中。THE ポッシボーの動きから今後ますます目が離せない。


■YouTubeリンクURL
THE ポッシボー 「乙女!Be Ambitious!」 ミュージックビデオフルバージョン
http://www.youtube.com/watch?v=7DuX74qSGUs


■リリース情報
「乙女! Be Ambitious!」
発売日:2013年9月11日(水)
◎初回プレス分のみ「おたのしみトレカpart4」封入

【通常盤】
VICL-36823 
\1,000(税込)

【各メンバーソロ盤】
VICL-36824(タイプA ロビン番)、VICL-36825(タイプB はしもん盤)、VICL-36826(タイプC あっきゃん盤)、VICL-36827(タイプD もろりん盤)、VICL-36828(タイプE ごとぅー盤)
各\1,200(税込)

<通常盤収録曲>
1.乙女! Be Ambitious! 
2.さくら 
3.乙女! Be Ambitious!(instrumental) 
4.さくら(instrumental)

<ソロ盤収録曲>
1.全力バンザーイ!My Glory!
2.さくら(各メンバーのソロボーカル・アコースティック・バージョン) 
3.乙女! Be Ambitious!(instrumental) 
4.さくら(instrumental)  
5.乙女! Be Ambitious!(各メンバーのソロボーカルバージョン)

【タイアップ】
日本テレビ系「ミュージックドラゴン」POWER PLAY


■イベント情報はこちら
http://www.tnx.cc/possible/event.php?@Page_Status@=none


■関連URL
オフィシャルHP
http://www.tnx.cc/possible/
レーベルHP 
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024121.html


   

 



担当/ハジ(BIGLOBE MUSIC編集局)

月別リンク