BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS RAM WIRE 「むつのはな」が映画「アルカナ」主題歌に決定!

<<   作成日時 : 2013/08/16 11:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

RAM WIRE

RAM WIREの楽曲「むつのはな」が、10月19日より公開される18歳の実力派女優、土屋太鳳の初主演映画「アルカナ」の主題歌に決定したことが明らかになった。

映画「アルカナ」は“本体(人間)”とその“分身(ブンシン)”とが共存する世界で、分身が本体の心臓を奪い、乗っ取ってしまう…という事件を軸に、この事件を終息させたい霊能力を持つ少女・マキと刑事・村上が出会い、心を通わせながら分身に立ち向かっていくさまを描いた異色のサイコスリラー映画。

RAM WIREは、今年5月1日には活動13年目の1stアルバム「ほどく」をリリースし、8月10日に公開された「江ノ島プリズム」ではアルバム内収録楽曲「何度も」が主題歌に抜擢されるなど、今注目のアーティストだ。今回、RAM WIREの楽曲「むつのはな」の歌詞が、本映画の世界観と驚くほどシンクロしていたことから、主題歌に大抜擢となった。

今回の楽曲提供にあたり、RAM WIREは「この度は、私たちの楽曲『むつのはな』を起用して頂き、本当にありがとうございます。小手川ゆあ先生の人気原作を山口義高監督が映像化された壮絶なスピード感と叙情感の交差する作品に、私たちの楽曲世界が僅かですが一端を担わせて頂けた事を本当に嬉しく思います。偶然ですが、『むつのはな』の歌詞と物語のストーリーに不思議と折り重なる部分もあり、そこも注目して頂けたらありがたいと思います」と喜びのコメントを寄せている。

また、本作の世界観を凝縮し、「むつのはな」楽曲一部を使用した予告編も完成した。予告編は映画公式サイトにて配信されているので、ぜひチェックしてほしい。


■映画情報
三池イズムを受け継ぐ脅威の新人監督が放つ異色のサイコスリラー「アルカナ」

<ストーリー>
謎の連続大量殺人事件を追う刑事・村上(中河内雅貴)は事件現場で記憶を失った少女・マキ(土屋太鳳)に出会う。マキは、事件の被害者である<死者たちの苦しむ声>に導かれて、気づけば事件現場にいたという。しかし、凄惨な事件現場の唯一の生き残りとしてマキは容疑者とされてしまう。幼いころから<不思議な現象>に悩まされてきた村上だけがマキの言葉を信じ始めた矢先、再び事件が起きる。

「事件は<分身(ブンシン)>が関与している―。」
未解決事件を扱う警視庁刑事部捜査共助課二係・通称“お宮係り”が事件を追う村上達の前に現れた。そして、<人間>が分裂し生まれた、もう一人の自分<分身>が本体である人間を襲っているというのだが…。事件を追う村上と死者の声を伝えるマキ、そして、もう一人のマキを追うお宮係り。全てが揃ったとき、<人間>と<分身>の壮絶な戦いが待っていた…。

出演:土屋太鳳 中河内 雅貴 Kaito 植原卓也 谷口一 谷口賢志 野口雅弘 蜷川みほ 山口祥行 谷村美月/岸谷五朗
主題歌:RAM WIRE 「むつのはな」(Sony Music Associated Records Inc.)
原作:小手川 ゆあ『ARCANA』(角川書店)
監督:山口義高
脚本:及川 章太郎 山口義高
音楽:林 祐介
企画・製作:日活
企画協力:礼泉堂 制作プロダクション:ジャンゴフィルム
協力:チャンネルNECO
宣伝協力:SYNCA
配給:日活
2013年/日本/89分/カラー/デジタル/5.1ch/シネマスコープ PG-12

映画「アルカナ」公式サイト
http://arcana-movie.com/

10月19日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー


■RAM WIRE プロフィール
2001年に女性Vocal・ユーズ、男性Vocal・MONCHが千葉のクラブを拠点に活動をスタート。グループ名は、「羊たちの絆」を意味する造語で、「自分たちは迷える子羊であり、同じように迷っている人たちとの絆を築きたい」 という思いが込められている。

05年にTrackmaker RYLLが加入し、現在の編成となる。11年9月に発売した1stシングル「歩み」が『僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia.』(深作健太監督)の主題歌に抜擢、一躍注目を浴びる。

翌12年6月に発売した2ndミニアルバム「名もない毎日」の鉄拳によるパラパラ漫画PVが話題となり、今なお熱烈な反響が広がり続けている。


■RAM WIRE 1stアルバム「ほどく」発売記念インタビュー〜RAM WIREを「ほどく」〜
http://music.biglobe.ne.jp/special/ramwire/index.html


■RAM WIREオフィシャルHP
http://www.ramwire.com/



   



担当/ハジ(BIGLOBE MUSIC編集局

テーマ

月別リンク