BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS ラゾーナ川崎に響き渡った“ラブコール”〜DISH//「I Can Hear」発売記念イベント〜

<<   作成日時 : 2013/07/11 08:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

DISH//

「あ〜よっしゃ行くぞ〜!タイガー!ファイヤー!…」
何度も聞いてきた彼女たちのコールがラゾーナ川崎という、今までにない大きな会場に響き渡ったときは感無量だった。

アーティストのライブではファンがさまざまな盛り上がり方をするが、その中にMIX(コールの一種)がある。たとえば特定のメンバーのパートでその人の名前を呼んだり、合いの手というか掛け声をしたり。歌うアーティストに対しての一種のレスポンスというか、ファンからの愛情表現の一つだと個人的には思っているし、ライブの盛り上がりには欠かせないものになっている。

その中に「タイガーMIX」と呼ばれるものがある。曲の間奏で「タイガー、ファイヤー、サイバー、ファイバー、ダイバー、バイバー、ジャージャー」と叫ぶもので、これがどうしてこういう言葉になったのかとかはわからないのだが、どうやら意味はないけれど叫びやすい言葉の羅列が結果的にこうなったらしい。そして私の中では、AKB48やももいろクローバーZなどの女性アイドルのライブで男性ファンが叫ぶもの、と思っていた(もちろん女性ファンも叫ぶけれど当然圧倒的に多い男性ファンの声量にかき消されてしまう)。

ところが。2月にフラッと見に行ったららぽーと豊洲で行われたあるアーティストのフリーライブで、女子だけの「タイガーMIX」に出会い、衝撃を受けた。それが、男子高校生4人ダンスロックバンドDISH//との出会い、そしてスラッシャー(DISH//ファンの愛称)との出会いだった。そしてそれ以来、彼らのフリーライブにはできる限り足を運んだ。もちろんDISH//に興味もあったが、あの「タイガーMIX」をまた聞きたい、と思ったからだ。それくらい私は彼女たちのコールになぜか惹きつけられた。

男性と女性は、愛情というものが異なると思う。男性はどちらかというと能動的で、女性は受動的。もちろん女性だって能動的なのだが、そこは母性本能というか、どこか包み込んでくれる愛情、という要素があると思う。私も何度か女性ファン中心のライブに行ったことがあるが、そこでも男性と盛り上がり方はちょっと違うと思った(簡単に言えば男性だったら「ウォーッ」だけれど女性なら「キャーッ」)。もちろん私が男性だからというのもあるのだが、女性ファンの、アーティストへの愛情は本能的なやさしさが感じられるのだ(もちろん男性ファンだってやさしさはあるけれど)。

そしてDISH//は、パフォーマンスが全力なのだ。だから、ファンも全力でそれに応えようとする。だから、同じコールでもDISH//ライブでのスラッシャーのコールは、熱さと女性ならではのやさしさが絶妙なのだ。だから聞いていて感動するのだ。


6月23日に行われたラゾーナ川崎でのDISH//のメジャーデビューシングル「I Can Hear」発売記念イベント当日。会場に着くと、そこには30度を超える炎天下の元、暑さと戦う若い女子を中心としたスラッシャーたちの姿があった。ラゾーナ川崎には何度もフリーライブを見に来ているが、間違いなく、普段見かけないファン層である。中には着ぐるみを着た女子までいた。応援も全力である。早朝から場所取りで並んで、13時の開演まで暑さと必死に戦っている女の子たちのその光景は、フリーライブが始まる前からどこか微笑ましかった。

フリーライブはDISH//もスラッシャーたちの熱気を感じて、よりパワフルなステージを見せ、会場は多いに盛り上がった。そして6曲目の「ザ・ディッシュ〜とまらない青春〜食欲編」で、あの「タイガーMIX」が響き渡った。豊洲で、ダイバーシティで、ヴィーナスフォートで…これまで何度も聞いてきた彼女たちのコールが、いよいよフリーライブ会場としては首都圏最大のラゾーナ川崎に響き渡ったのだ。それは、メジャーデビューという舞台まで駆け上がった彼らへの、なによりの祝福、そして、愛情だった。ついにこの日が来た…私もどこか感無量だった。スラッシャーたちのこの熱さと愛情が、彼らをここに連れてきたんだな。

そして思った。ああ、これが本当の“ラブコール”なんだ、と。

ラゾーナ川崎を歩く通行人も、普段あまりここでは聞かない女子たちの歓声に驚いて足を止める人が多くいて、どこかうれしかった。そうなんです、これがスラッシャーなんです。熱くて、そして愛情にあふれているんです。ラブコールが、DISH//だけでなくラゾーナ川崎全体を包み込んでいた気がした。

そして私はまたこの世界一美しい「タイガーMIX」をずっと聞いていきたいと思った。いつかは武道館、横浜アリーナ、果ては日産スタジアムに響き渡る日まで。



■「I Can Hear」発売記念イベント
<ミニライブセットリスト>
1.TENKOUSEI
2.おどらにゃソン!Song!
3.東京バイブレーション
4.こくっちゃえっつーの!
5.ピーターパンシンドローム
6.ザ・ディッシュ〜とまらない青春〜食欲編
7.I Can Hear


■リリース情報
デビューシングル「I Can Hear」
発売日:2013年6月19日(水)

【初回生産限定盤 (SRCL-8285〜6)】 
「I Can Hear」

¥1,500(税込)

【通常盤(SRCL-8287)】 
「I Can Hear」通常盤

¥1,200(税込)


■関連URL
DISH// オフィシャルサイト
http://www.dish-web.com/
オフィシャルYouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/dishSMEJ


 


文/有本和貴(BIGLOBE MUSIC編集長)

月別リンク