BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS ついに世界のでんぱ組.inc!「JAPAN EXPO」で熱唱&映画全世界配信へ

<<   作成日時 : 2013/07/05 12:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

でんぱ組.inc

でんぱ組.incが、7月4日(現地時間)にフランス・パリにて開催された、ヨーロッパ最大の日本文化イベント「Japan Expo 2013」のステージに登場した。「でんでんぱっしょん」「W.W.D」「でんぱれーどJAPAN」などの代表曲を中心に全7曲を披露し、会場に集まった各国のオーディエンスを熱狂させた。

でんぱ組.inc

そしてステージの上から、彼女たちの主演する映画「白魔女学園」の公開決定が発表された。監督には「仮面ライダーフォーゼ」「獣電戦隊キョウリュウジャー」などを手がける特撮&アクション映画界の俊英・坂本浩一、脚本は「けいおん!!」「ガールズ&パンツァー」でおなじみのガールズアニメの第一人者・吉田玲子といった豪華スタッフ陣で固められた、全く新しいエンターテイメントムービーだ。

劇場公開だけでなく全世界同時配信予定となっており、でんぱ組.incの今後のワールドワイドな活動にも要注目だ。

でんぱ組.inc


■映画詳細情報
「白魔女学園」
白魔女学園

2013年9月 劇場公開(劇場限定版)&動画配信(全10話)日本・全世界同時配信予定

<特撮×アニメ×アイドル>
最先端のクリエイターたちと、新時代を彩るヒロインたちが、今ここに奇跡のコラボレーション!
愛し、傷つき、戦う少女たちが、魔法の力で世界を変える――!!

2013年・秋――。
テレビ朝日&東映が贈る、無限大の可能性を秘めた、
全く新しい《エンターテインメント・ムービー》が誕生!

監督 : 坂本浩一
脚本 :吉田玲子
出演 :でんぱ組.inc(最上もが、夢眠ねむ、古川未鈴、成瀬瑛美、藤咲彩音、相沢梨紗)
山谷花純 小宮有紗 高良光莉 白石さえ 相川結 ほか
音楽 :三澤康広
主題歌 :でんぱ組.inc
制作 :テレビ朝日・東映

<劇場公開/配信概要>
2013年9月21日(土)より
◆劇場公開(劇場限定版)
新宿バルト9にて公開予定
◆動画配信(ネット版/全10話)
【日本国内】 テレ朝動画(http://www.tv-asahi.co.jp/douga/index.php) ほか配信予定
【全世界(日本を除く)】 viki(http://www.viki.com/) にて配信予定

公式HP:http://www.shiromajo.jp
Facebook:http://www.facebook.com/shiromajogakuen
twitter:@shiromajogakuen

■「白魔女学園」予告ムービー
http://www.youtube.com/watch?v=9ZYd8PpW_G0&feature=youtu.be

■コメント
【坂本浩一(監督)】
今までにないジャンルの映像作品を目指して、この『白魔女学園』を監督しました。可愛らしく、とても魅力的な少女たちが、さまざまな試練を経て、成長していく物語。その中で、初めて本格的な演技に挑戦した「でんぱ組.inc」の体当たりのパフォーマンスは、新しいスターの誕生を感じさせてくれます。アクション、ホラー、さらにコメディ的な要素もあったりと、いろんな角度から楽しめる映画です。『白魔女学園』の世界を、ぜひ体感してください。

【吉田玲子(脚本)】
この作品は、女子高生達が繰り広げる特撮ホラーアクションです。当初からでんぱ組.incの皆さんが演じられることが決まっており、彼女たちの個性や魅力を生かせるようにと脚本作りを進めました。タイトルそのまま、善き魔女になる学園に少女達が入学したところから物語がスタートします。白い魔女の世界…その白が美しくも恐ろしいものになるような世界にしようと心がけました。その学園で、少女たちは力を得ていきます。力なき正義は無能であり、正義なき力は圧制である…という言葉があります。傷ついた女子高生達が力を求めた末に、どうなるか…。彼女たちの痛みを感じつつ、見届けていただけたらと思います。

【最上もが(でんぱ組.inc)―――白鳥もが 役】
「魔法」がテーマの「学園もの」ができると聞いて、そこでまずメンバーみんなのテンションが上がったんですが、台本を読んで、その内容にさらにビックリでした。やるからには、嘘っぽく見えるのが嫌なので、撮影期間中はずっと、この作品と自分の演じる役に集中していました。最初はプレッシャーも感じましたけど、時間が経つにつれて、スタッフの皆さんとの絆が深まって……とても充実した日々を送ることができたと思います。

【夢眠ねむ(でんぱ組.inc)―――綿貫ねむ 役】
毎日が初めての経験ばかりで、どういうふうに表現すればいいのか悩むことも多かったんですが、監督のアドバイスはわかりやすくて、自分の中にスッと落ちてくるようなところがありました。監督をはじめ、スタッフの皆さんにはとても助けられましたね。役を通して自分を見つめ直すことで、たくさん新しい発見ができたような気がしています。ちょっと強烈なシーンにもチャレンジしたので、どんなふうに映っているか今から楽しみです。

【古川未鈴(でんぱ組.inc)―――雪野未鈴 役】
わたしが演じている女の子は、正直すぎるために周りから距離を置かれてしまうというキャラで、本当の自分とは全然違うと思っていたんですが、演じてみると、なんだか彼女の気持ちがよくわかりました。この作品では「百合」っぽいシーンもあったり、今まで見せたことがない古川未鈴をお見せできていると思います。わりと自由に演じさせてくださったので、むずかしい部分もありましたが、良い経験ができたと感謝しています。

【成瀬瑛美(でんぱ組.inc)―――小田巻瑛美 役】
でんぱ組.incのメンバーが今回演じている役は、それぞれ本人と似ているところがあるんです。全く同じではないんですけど、ファンの皆さんにはそういうところも楽しんでいただけるんじゃないかと思っています。わたしとしては、大好きな吉田玲子さんが脚本を担当してくださったと聞いて、まずそこでかなり高まりました(笑)。吉田さんが書く独特の世界で演じることができて、とても刺激を受けましたし、何より楽しかったです!

【藤咲彩音(でんぱ組.inc)―――塩見彩音 役】
たくさん走ったり、プールで泳いだりと、肉体的に過酷な撮影ではあったんですが、監督がとても現場の雰囲気を大切にされる方で、常に和ませてくださったので、楽しく演じることができました。わたしが演じている女の子はちょっとおバカなので、素で演じられるという話もあるんですが(笑)、実際にはいつものテンションの3割増しぐらいですね。ストーリーは奥が深くて、きっとたくさんの方に共感していただけると思っています。

【相沢梨紗(でんぱ組.inc)―――菊田梨紗 役】
わたしは「しっかり者」だと思われることが多いんですけど、ライブでステージから落っこちたりとか、わりと抜けているんです。それなのに役柄がカッコいい「お嬢さま」キャラなので、自分とのギャップを埋めながら演じるのが大変でした(笑)。この作品は「でんぱ組.inc」にとって、とてもインパクトのあるものなので、こうやって発表できる日を楽しみにしていました。きっと面白い映画になっているので、期待していてください。

■プロフィール
【監督:坂本浩一】
1970年生まれ。東京都出身。アルファスタント所属。海外で長きにわたって活躍し、『Power Rangers』シリーズではアクション監督、本編監督を経てプロデューサー、製作総指揮を務めるなど多大な貢献を果たした。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(09年)から日本でも本格的な活躍を開始し、『仮面ライダーW』(09年)や『海賊戦隊ゴーカイジャー』(11年)を経て、『仮面ライダーフォーゼ』(11年)や『獣電戦隊キョウリュウジャー』(13年)ではメイン監督として手腕を発揮。

並行して『トラベラーズ 次元警察』(13年)や『009ノ1 THE END OF THE BEGINNING』(13年)など、次々と精力的に新作を送り出している。

【脚本:吉田玲子】
広島県出身。実写ドラマ・アニメの両ジャンルで活躍。実写作品の代表作には『笑ゥせぇるすまん』(99年)、『OLヴィジュアル系』(00年)、『嫉妬の香り』(01年)、『サトラレ』(02年)、『帰ってきた時効警察』(07年)など。

近年ではアニメ『けいおん!!』(10年)や『ガールズ&パンツァー』(12年)がファンから高い支持を受けるなどその筆力には定評がある。

【出演:でんぱ組.inc 】
古川未鈴、相沢梨紗、夢眠ねむ、成瀬瑛美、最上もが、藤咲彩音の6人組ユニットで、「秋葉原ディアステージ」に所属し、様々な活動を展開。メンバーはもともと、アニメ・漫画・ゲームなど、自分の趣味に特化したコアなオタクでもある!

また最近は東京コレクションへの参加、ミキオサカベをはじめとして様々なクリエイターとのコラボレーションなどを活発に展開。国内のみならず海外からも注目を集め、ジャカルタでのファッションイベントの出演や台北での単独公演も成功させた。ZEPP TOKYOでのワンマンライブも満員のファンで埋め尽くされた。

話題のシングル『W.W.D / 冬へと走りだすお!』で、オリコン10位を獲得。さらに、5月29日リリースの最新シングル『でんでんぱっしょん』では、6位を獲得。TOY'S FACTORY×もふくちゃんの新レーベルMEME TOKYO所属。

   

   




担当/ハジ(BIGLOBE MUSIC編集局)

月別リンク