BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS ハロプロメンバー48名出演!野音イベントで新曲&サプライズ連発

<<   作成日時 : 2013/05/22 21:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

モーニング娘。をはじめとする、Hello! Projectメンバーが総勢48名出演する『日比谷野音90周年記念事業 Hello! Project野音プレミアムLIVE 〜外フェス〜 supported by Hellosmile』が19日、日比谷野外大音楽堂にて行われた。
画像

これはTOKYO FMと、今年開設90周年を迎える日比谷野外音楽堂が、これからの野音を音楽で更に活性化するプロジェクトの一環として行ったもの。また今回のイベントでは、子宮頸がんの予防啓発プロジェクト『Hellosmile』(※)がライブサポーターとなったことを記念して、ハロースマイルの応援キャラクターハローキティも参加した。

オープニングではHello! Projectメンバー総勢48名が登場。『Hellosmile』副実行委員長で、TOKYO FM『Hellosmile Cafe』パーソナリティの小巻亜矢による子宮頸がん予防啓発についてのトークに続いて、ハロプロ研修生、続いてJuice=Juiceが登場。ハロプロ研修生 feat. Juice=Juiceの6月8日発売のインディーズシングル「天まで登れ!」などを披露した。
画像

画像

次に登場したのはスマイレージ。初披露となる7月3日発売の14thシングル「新しい私になれ!」を含む4曲を、白いジャケット・白いタイトスカートという大人びた雰囲気で披露した。
画像

続く℃-uteは7月10日発売の22nd両A面シングルから「アダムとイブのジレンマ」を初披露。9月10日の℃-uteの日に初の武道館を控えているだけに、披露した4曲からはいずれも彼女たちの強い意気込みが伝わってきた。
画像

光井愛佳が「乙女のタイミング」を披露したのに続いて登場したのはBerryz工房。6月19日発売の32nd両A面シングルから「サヨナラ ウソつきの私」を初披露するなど計3曲を歌い終えたところで℃-uteが登場し、「超HAPPY SONG」を歌おうとした矢先に突如音楽が止まり、メンバーたちが戸惑っている中ステージに現れたのはつんく♂。
画像

「ファンとアーティストのやる気を確認しに来た」と語るつんく♂は、℃-uteが決めた武道館公演に対しBerryz工房のやる気を確認。℃-uteが名前にちなんだ9月10日に行うのに対し、Berryz工房にちなんだという武道館公演の日付は「いい つんく♂の日」となる11月29日。「なかなかちなんだ日がなかったし、シャ乱Qでもライブができるようにこの日にした」と語るつんくだが、3月にデビュー9周年を迎えたBerryz工房にとって念願の武道館公演の知らせに、リーダーの清水佐紀の目には涙が。改めて℃-uteと共にまさに「超HAPPY SONG」を熱唱した。
画像

トリを飾ったのは、田中れいなの卒業を2日後に控えたモーニング娘。道重さゆみは「今日登場した他のアイドルも元気な中、モーニング娘。も負けてないところを見せたい」と語り、4月17日に発売された53rdシングル「ブレインストーミング/君さえ居れば何も要らない」をはじめ5曲を熱唱した。
画像

最後はこの日出演したHello! Projectメンバー全員が再び登場。夏のHello! Projectツアーの告知を行った後、サプライズとしてハロースマイルの応援キャラクターハローキティが登場。全員で「LOVEマシーン」を歌い、会場を埋め尽くしたファンと共に盛り上がったところでイベントは無事終了した。
画像


※『Hellosmile』は20代、30代の女性に増え続けている「子宮頸がん」の予防啓発プロジェクト。TOKYO FMが2010年に立ち上げ、多くの企業・団体・学校と共に推進している。


文/有本和貴(BIGLOBE MUSIC編集長)

月別リンク