BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS アイドリング!!!横山ルリカのソロデビュー曲はヒャダインプロデュース!

<<   作成日時 : 2013/04/22 17:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

横山ルリカ

アイドリング!!!1期生として創世期からグループで活躍し、その強い歌声にも定評がある人気メンバー横山ルリカのソロデビューシングル「Walk My Way」が、6月19日に発売されることが明らかになった。

2007年のデビュー以来、現在までに19枚のシングルと4枚のアルバムをリリースし、今年2月13日にリリースした最新シングル「さくらサンキュー」はオリコンシングルチャートウィークリー3位(2/25付)を記録するなど、勢いに乗るアイドルグループ「アイドリング!!!」。

去る4月13日にZepp Tokyoで行われたワンマンライブ「アイドリング!!!西へ!東へ!!ミステリィツアーング!!!2013」昼公演にて、アイドリング!!!9号の「横山ルリカ」が6月にソロデビューすることが発表された。ライブ中盤、サプライズでソロデビュー決定を聞かされた横山は思わず号泣。

「アイドリング!!!というグループで6年間ライブに立たせていただくことがなければ、このようなチャンスにも恵まれなかったと思います。今まで応援して下さった全ての皆さんに感謝して、アイドリング!!!での活動はもちろん、ソロでの横山ルリカも見てもらえるように頑張ります!」と意気込みを語った。同グループからのソロデビューは初となる。

前山田健一

また、ソロデビューシングル「Walk My Way」は、数多くのアーティストへの楽曲提供・プロデュースのみならず、自身もテレビ等で大活躍中のヒットメイカー、ヒャダインこと前山田健一氏がプロデュースを手掛けることもわかった。

今回の起用について、前山田氏は「横山さんは今まで僕がRECしてきたアーティストの中でも3本の指に入るほど歌が上手い!なので、『アイドリング!!!からのソロアイドル』ではなく『シンガー・横山ルリカ』をリスナーに魅せていきたい」と横山の歌唱力を絶賛。

さらに、横山の魅力を「表現豊かな歌唱力、音域だけではなくきっちり歌詞を伝えることができる表現力。そしてスタイルの良さと大和撫子のたおやかさのギャップ!」と評価し、「一人の女性シンガーとして、今までのファンだけではなく同世代の女性にも支持されるようなアイコンになってほしいです」と期待をこめている。

気になるシングル曲「Walk My Way」は、作詞・作曲を前山田氏が手掛けたアップテンポのポップチューン。歌詞には彼女のキャラクターが色濃く反映されており、前山田氏は「ソロとして大きく羽ばたく決意表明のような楽曲。力強くパワフルな彼女のボーカルのポテンシャルを存分に味わっていただけると思います」とコメントしている。

その他、アーティスト写真やシングルの詳細も発表された。今作は、アートワークと収録内容が異なる全4タイプでのリリースとなる。


■横山ルリカ・プロフィール
生年月日:1991年9月27日生まれ(天秤座)
身長:168cm
資格:英語検定準2級、数学検定4級、漢字検定2級
血液型:O 型

2005年 Doll's Voxメンバーとしてデビュー。
2006年10月〜アイドリング!!!9号として活動中。


■リリース情報
デビューシングル「Walk My Way」
発売日:2013年6月19日(水)

【初回限定盤A(CD+DVD)】
VIZB-42 \1,600(税込)

<CD>
1.Walk My Way (作詞・作曲:前山田健一 / 編曲:板垣祐介)
2.永遠(とわ)に咲く花 (作詞・作曲:前山田健一 / 編曲:藤澤慶昌)
3.Walk My Way(Instrumental)
4.永遠(とわ)に咲く花(Instrumental)

<DVD>
「Walk My Way」Music Video

【初回限定盤B(CD+DVD)】
VIZB-43 \1,600(税込)

<CD>
1.Walk My Way
2.永遠(とわ)に咲く花
3.Walk My Way(Instrumental)
4.永遠(とわ)に咲く花(Instrumental)

<DVD>
Debut Single Making Video

【通常盤A(CD)】 
VICB-35052 \1,000(税込)

1.Walk My Way
2.永遠(とわ)に咲く花
3.街のアカリ (作詞:SUIMI / 作曲:板垣祐介/ 編曲:板垣祐介)
4.Walk My Way(Instrumental) 
5.永遠(とわ)に咲く花(Instrumental)
6.街のアカリ(Instrumental)

【通常盤B(CD)】
VICB-35053 \1,000(税込)

1.Walk My Way
2.永遠(とわ)に咲く花
3.Don’t Cry  (作詞:SUIMI / 作曲:板垣祐介/ 編曲:板垣祐介)
4.Walk My Way(Instrumental)
5.永遠(とわ)に咲く花(Instrumental)
6.Don’t Cry(Instrumental)

※全タイプ共通
初回プレス分のみ特典トレーディングカード(全4種類から1枚ランダム)封入


■横山ルリカ Label Site
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A024389.html


■BIGLOBEでも「アイドリング!!!」配信中
http://broadband.biglobe.ne.jp/contents/fod/idoling.html


■「嫁コレアイドル」アイドリング!!!
アイドルのボイスが聴けるカードコレクションアプリに「アイドリング!!!」が登場!
http://idol.yomecolle.jp/idol/4/


■前山田健一氏 プロフィール
3歳のときにピアノを始め、様々な音楽ジャンルにふれながら作詞・作曲・編曲を独学で身につける。2007年より本格的に作家活動を開始。

2009年には提供楽曲がオリコンチャート連続1位を獲得という異例の快挙を成し遂げる。また、『ヒャダイン』名義でアーティスト活動もしており、現在までに公開された作品は国内・海外合せて約4000万PVを突破、1stシングルがオリコンチャート9位を記録するなど、その活躍はめざましい。

京都大学卒という稀有な経歴を持ち、音楽に対して非常に理解度の高い、気鋭のクリエイター。

【トピックス】
・雑誌「GQ」主催により2012年11月19日発表された「GQ Men of the Year 2012」を受賞。2012年大活躍した男性として織田裕二・村田諒太・北島康介・有吉弘行らに並んで選出された。

・2013年1月28日付オリコンシングルウィークリーチャートにおいて提供曲がTOP10内に3曲ランクインするという快挙を成し遂げた(3位 私立恵比寿中学「梅」、9位 ゆず「REASON」、10位 でんぱ組.inc「W.W.D」)。


■前山田健一氏からのコメント
【ソロデビュー作品をプロデュースするにあたって】
大変光栄で、二つ返事でオファーを受けさせていただきました。実際に会ってみての感想は、実年齢よりもずっと落ち着いていて、スタイルもよく「美人が苦手」な僕は最初目を合わせるのが難しかったです。

だけど寡黙だったり暗いわけではなくとても笑顔がチャーミングでしかも芯がしっかりしている方だなあ、と思いました。横山さんは今まで僕がRECしてきたアーティストの中でも3本の指に入るほど歌がうまい!なので、『アイドリング!!!からのソロアイドル』ではなく『シンガー・横山ルリカ』をリスナーに魅せていく、というテーマでプロデュースさせていただきました。

レコーディング現場では、メロディーラインを変えたり、コーラスを追加したり、フェイクをガンガン注文したのですが軽々とこなして、「もっといいものが作れる」という欲を沸き立たせてくれました。

「末永くボーカリストとして成長してほしい」という気持ちがあり、こちらだけの判断でテイクを選んでいくのではなく本人に録ったものを色々聴いてもらい、どれがいいか選んでもらったり歌い直したかったら歌い直してもらったり、とセルフプロデュース的なものもしてもらいました。

横山さんの魅力は表現豊かな歌唱力、音域だけではなくきっちり歌詞を伝えることができる表現力。そしてスタイルの良さと大和撫子のたおやかさのギャップ!一人の女性シンガーとして、今までのファンだけではなく同世代の女性にも支持されるようなアイコンになってほしいです。

【シングル「Walk My Way」について】
ソロとして大きく羽ばたく決意表明のような楽曲。力強くパワフルな彼女のボーカルのポテンシャルを存分に味わっていただけると思います。


■ビクターエンタテインメント・所属レーベルヘッドからのコメント
2011年の秋に「アイドリング!!!」のステージを見たときに、圧倒的な存在感(高い歌唱力、高い身長、キレの良いダンス)を持つ「横山ルリカ」という一人のメンバーが強烈に印象に残りました。

グループにしっかり協調しながらも、その枠に収まりきらない個性を醸しだし続けている彼女を見て、「間違いなくソロにも向いている。ソロのステージを見てみたい。」と思い、オファーを続けました。

現代社会の生活において求められる「周囲と協調しながら、個性を出す。自分らしさを追求する。」というとても難しいテーマにリアルに向かい合っている彼女は、必ずや同じ時代を生きる人たちに、ちょっとした勇気やヒントを与えてくれる存在になると確信しています。


   



担当/ハジ(BIGLOBE MUSIC編集局)

月別リンク