BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS ベスト盤も好評!Jam9 紆余曲折の後に迎えた結成10周年

<<   作成日時 : 2013/03/14 14:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

Jam9

2月27日に初のベストアルバム「Jam9 All Song Best」をリリースした3人組ユニットJam9(ジャムナイン)が、昨日13日に結成10周年を迎えた。

Jam9

Jam9は、静岡県浜松市に在住しながらアーティスト活動をする3人組ユニット。3月3日には「Jam9 All Song Best」のリリース記念イベントを彼らの活動の拠点、そして「聖地」である地元浜松市の「LIVE HOUSE浜松窓枠」でアフターパーティーを含め、合計4回のライブを行なった。東海エリアを中心に多くのファンが詰めかけ4回のライブは、すべて満員御礼となった。結成10周年までには、紆余曲折の道のりがありながら、ここまで漕ぎつけた。

Giz’Mo(ギズモ)

PRINCE.YK(プリンスワイケー)

Jam9は、Giz’Mo(ギズモ)とPRINCE.YK(プリンスワイケー)の兄弟とMOCKY(モッキー)の3人で2003年3月13日に結成。浜松市は、車関係の工場が多く、真夏には「灼熱」となるエンジンを取り扱う工場で派遣社員として働きながら、メジャーデビューを夢見て、そして、大ステージに立つ事を夢見て、ストリートライブを中心に活動を続けた。

音楽活動は地道に行っていたが、彼らの予期しない出来ない事が起きた。世界中が激震した「リーマンショック」だ。ニュースの世界、テレビの中の世界の話だと思っていた事が、すぐに彼らを直面した。いわゆる「派遣切り」だ。「派遣切り」に会ってからしばらくは、働ける場所も無く、収入も無くなり、音楽活動を続けて良いのか葛藤していた彼らだが、世間からどう見られようと音楽活動だけは続けた。地元ではストリートライブを中心に、そして、出演できるライブハウスの話を聞くとサービスエリアで寝泊まりしながら全国各地に車で駆けつけた。

そんな夢に向けてがむしゃらに頑張り続けて活動する彼らの姿勢が噂を呼び、徐々に地元のファンの心を打ち始め、地元浜松でのワンマンライブは、SOLD OUTを記録し始めていた。 さらにそのひたむきな活動が徐々に認められ、2009年にインディーズでリリースした「ROOKIE PLAYERS」収録曲の中から「衝動〜believe myself〜」が、地元の静岡県内のサッカ―チーム「清水エスパルス」のサポートソングに選出、2009年12月にはAZU(Ariola Japan)が唄う「YOU & I feat.LOVE LOVE LOVE」にメロディーメイクで参加するなど、今までの活動がメジャー音楽シーンでも認められ始めるようになった。

そして、遂に2010年6月にシングル「家族」で待望のメジャーデビューを果たす。この「家族」という楽曲は、「派遣切り」に会い世間の目が冷たかった時の事も音楽活動を認めてくれていた親への感謝の気持ちや、苦労して活動していた時に応援してくれた人達に向けた楽曲。

Jam9はデビュー曲「家族」について「自分達は、そんなに出来のいい人間じゃないから、周りの人達に迷惑をかけながら今まで歩んできました。『家族』という曲は、子から親への感謝を描いた曲ですが、そういう意味の感謝だけでなく、この曲を通して今まで自分たちが迷惑をかけた人達すべてに感謝を伝えたいと思っています。特に、あえて苦言を呈してくれた人達には『憎まれ口』しか言えなかったので、今こそ『ありがとう』って言葉を伝えたいと思っています」と語っている。

感謝の気持ちを歌った同曲は、有線放送キャンシステム月間お問い合わせチャート1位を獲得し注目を集めた。現在もライブでは、ファンと一緒に合唱する事が定番化しており、感動して涙ぐむファンも多い。なお、同曲はベストアルバム「Jam9 All Songs Best」にもリテイクヴァージョンが収録されている。

Jam9は、地元を愛して「地方在住」にこだわって活動しアーティストとしてはまだまだ無名だが、作家としても既に脚光を浴びつつある。2012年だけでも、倖田來未、遊助、E-GIRLS、2AM等錚々たるメジャーアーティストに楽曲提供をしており、9年目は作家として認められた1年でもあった。そして、結成「10」周年を迎え、苦労の「9」を乗り越えたJam9、今後のさらなる飛躍に要注目だ。


■新曲「サクラ」ミュージックビデオ公開中(2月27日発売 「Jam9 All Songs Best」収録)
http://www.youtube.com/watch?v=ruZ7gWi4bHI
■スタート地点〜「Jam9 All Songs Best」リリース記念インタビュー〜
http://news.music.biglobe.ne.jp/201302/article_63.html

■リリース情報
Jam9「Jam9 All Songs Best」
Jam9 All Songs Best

発売中
MUCD-1273 \1,800(税込)

M.1 糸しきひと(2012年12月先行配信)
M.2 めっちゃハッピー(新曲)
M.3 家族(リテイク)
M.4 サクラ(新曲)
M.5 リレキショ(新曲)
M.6 シアワセのカタチ
M.7 花火(2012年7月配信リリース)
M.8 花束〜幸せにしたくて〜
M.9 相武台前(新録)
M.10 キミの香り
M.11 42.195
M.12 unities
M.13 FRIENDZ(新録)
M.14 Nanana
M.15 Love Song 2 〜遠く離れても〜(新曲)


■プロフィール
静岡をこよなく愛する静岡県浜松市在住の3人組。浜松市を拠点にストリートライブ中心の活動を続け、2003年 Giz’Mo(ギズモ)とPRINCE.YK(プリンスワイケー)の兄弟とMOCKY(モッキー)により結成。

2010 年6月にシングル「家族」で待望のメジャーデビュー。感謝の気持ちを歌った同曲は、有線放送キャンシステム月間お問い合わせチャート1位を獲得し注目を集め、現在もライブで歌唱した際には、感動して涙する方々が数多くいる。

これまでにシングル4枚、アルバム1枚をリリース。2011年度には、愛してやまない地元浜松市の「浜松市やらまいか大使」を委嘱。2012年7月には「花火」を配信限定でリリース。更に、本アルバム収録楽曲「糸しきひと」が静岡県の2012年度人権週間PR に取り上げられ、静岡県内のCM、広報ポスター等に出演。
「静岡のシーンを熱くする」をコンセプトにJam9 が主催するイベント「U・S・J〜UNIVERSAL SHIZUOKA JAPAN〜」を開催中。

また、メジャーデビュー後も、Jam9 としての活動と並行して、K-POPグループ「KARA」を始め「AAA」「Dream」「倖田來未」など数多くのアーティストに楽曲提供を行っており、クリエイター、ソングライターとしても注目を集めている。


■Jam9楽曲提供情報
♪KARA/ミッシング、SOS
♪AAA/I4U、Birthday song
♪AZU/YOU& I feat LOVE LOVE LOVE
♪DREAM/ヒマワリ
♪BRIGHT/FLOWER
♪MIRAY/TRAVEL
♪乃木坂46/音が出ないギター
♪A-JAX/ワン・フォー・ユー−ONE4U−
♪E-GIRLS/FOLLOW ME
♪遊助/彩道
♪倖田來未/恋しくて
♪2AM/Winter Gift
♪CODE-V/Song for you
and more....


■関連URL
「Jam9 All Songs Best」特設サイト
http://www.dreamusic.co.jp/sp/jam9/best/index.html
Jam9 公式サイト
http://jam9-net.com/index2.html
Jam9 公式facebook
https://www.facebook.com/jam9.053
Jam9 公式Blog 
http://ameblo.jp/jam9blog/
DREAMUSIC YouTube公式チャンネル
http://www.youtube.com/user/dreamusic
DREAMUSIC・ホームページ 
http://www.dreamusic.co.jp/





担当/ハジ(BIGLOBE MUSIC編集局)

月別リンク