BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS さよならポニーテール メンバー8人が詞曲担当、初のミニアルバム発売決定!

<<   作成日時 : 2012/10/12 18:15   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さよならポニーテール

さよならポニーテールが、初のミニアルバム「なんだかキミが恋しくて」を12月5日にリリースすることが明らかになった。

これまでに一度もライブを行なわず、MySpace、Facebook、Tumblr、そしてTwitterといったソーシャルメディア上のみの活動という、実態が謎に包まれているグループさよならポニーテール。質の高いメロディや歌詞、どこか懐かしいのに新鮮に響くサウンド、不安定ながらも琴線に触れる歌、そして音楽だけではなく、可愛らしく不思議な絵柄で描かれたキャラクターが、インターネット上を中心に話題を集め、多くの音楽ファンの心を掴んでいる。

2011年4月にリリースした自主制作アルバム「モミュの木の向こう側」は、ほぼノンプロモーションながら口コミで伝わり、今なおロングセールスとなっている。また同年10月にリリースしたファーストアルバム「魔法のメロディ」は「第4回CDショップ大賞」にもノミネートされるなど、業界関係者からも高い評価を得ている。そして今年5月にフジテレビアニメ「つり球」のエンディング・テーマであり、スピッツの名曲のカバー「空も飛べるはず」を収録した初のシングルをリリースした。

これまで発表してきた楽曲は、ふっくん、そして324Pという2人のメンバーが手掛けた詞曲だったが、なんと今作は女性ボーカルのみぃな、なっちゃん、あゆみんの3人、そしてプロデュース担当のクロネコに至るまで、総勢8名のメンバーが1曲ずつ詞曲を手掛けたという8曲入りのミニアルバムとなる。(メンバーのうち、神様のゆりたんと、応援担当のメガネくんの2人は楽曲制作には不参加)

なお、初回生産限定盤にはボーナストラックとして、2010年、2011年にMySpaceで公開されてきたファンにはおなじみの「あなたに☆めり〜くりすます」の新バージョンが収録される。

これまでも、切ないバラードから、エレクトロ+ラップのポップチューンまで幅広い楽曲・音楽性を披露してきた彼女たちだが、多彩なソングライターたちによってどのような作品に仕上がっているのか楽しみだ。

また、ミニアルバム発売日の12月5日には、「きみに、なりたい」という楽曲をテーマソングとして提供した映画「今日、恋をはじめます」のオフィシャル・アルバムもリリースされる。同曲はこのさよならポニーテール自身のミニアルバムには収録されていないので、こちらも要チェックだ。


■リリース情報
ファーストミニアルバム「なんだかキミが恋しくて」
発売日:2012年12月5日(水)

【初回生産限定盤(8曲+ボーナストラック1曲収録)】
ESCL 3987 \2,520(税込)

【初回仕様限定盤(8曲収録)】
ESCL 3988 \2,310(税込)

<収録曲>
01. ぼくらの季節  作詞・作曲:ふっくん
02. わたしの悲しみを盗んだ泥棒  作詞・作曲:324P
03. はじまりの合図  作詞・作曲:みぃな
04. 雨はビー玉のように  作詞・作曲:マウマウ
05. 風になりたい  作詞・作曲:あゆみん
06. 青い街  作詞・作曲:なっちゃん
07. この夜のすべて  作詞・作曲:クロネコ
08. 12月のUFO  作詞・作曲:めぐ

※初回生産限定盤(ESCL 3987)にのみ、ボーナストラックとして「あなたに☆めり〜くりすます(2012ピアノバージョン)」を収録

<初回生産限定盤6大特典>
01. ボーナストラック「あなたに☆めり〜くりすます(2012ピアノバージョン)」収録
02. アナザーイラストデジパック仕様
03. “さよポニ”ミニポスター
04. “さよポニ”落書き透明ステッカー
05. “さよポニ”ステッカー
06. “さよポニ”メンバーから直筆メッセージカードプレゼント応募ハガキ
(応募締切:2012年12月31日※当日消印有効)

<初回仕様限定盤3大特典>
01. アナザーイラストデジパック仕様
02. “さよポニ”ステッカー
03. “さよポニ”メンバーから直筆メッセージカードプレゼント応募ハガキ
(応募締切:2012年12月31日※当日消印有効)


■さよならポニーテール プロフィール
みぃな、なっちゃん、あゆみんの3人の女の子たちを中心に、“さよポニワールド”の住人たちで構成されたポップグループ。

これまでに一度もLIVEを行わず、活動は主にMySpace、Facebook、Tumblr、そしてTwitterといったソーシャルメディア上のみで、実態が謎に包まれている。

質の高いメロディや歌詞、どこか懐かしいのに新鮮に響くサウンド、不安定ながらも琴線に触れる歌、そして音楽だけではなく、可愛らしく不思議な絵柄で描かれたキャラクターが、インターネット上を中心に話題を集め、音楽ファンの心を掴んでいる。

2011年4月、自主レーベル「音楽と魔法」から1stアルバム 『モミュの木の向こう側』 をリリース。

7月、『しましまのEP』を7インチレコードのフォーマットでJET SETより限定リリース、さらに9月、『きらきらのEP』をヴィレッジ・ヴァンガードより限定リリース。

そして10月12日、デビューアルバム『魔法のメロディ』をEPICレコードジャパンよりリリース。

なお、同日には初の漫画作品『きみのことば』を太田出版よりリリースし、音楽アーティスト及び漫画家として同時デビューを果たした。

2012年5月23日、1stシングルにしてトリプルA面シングル「空も飛べるはず/ビアンカ/恋するスポーツ」をリリース、さらに6月6日には描き下ろし長編マンガ単行本『小さな森の大きな木』をリトルモアからリリースした。


■関連URL
MySpace
http://www.myspace.com/sayonaraponytail
Twitter(ゆりたん)
http://twitter.com/sayopony
Twitter(Sちゃん)
http://twitter.com/chan_esu
Tumblr(クロネコ)
http://blackcatsbox.tumblr.com/
Facebook
http://www.facebook.com/sayopony


  



文/ハジ(BIGLOBE MUSIC編集局)

月別リンク