BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS 「私が25周年!?」森高千里が語る初のコンプリートアルバムへの思いは…

<<   作成日時 : 2012/08/03 17:20   >>

トラックバック 0 / コメント 0

森高千里

今年5月にデビュー25周年を迎えた森高千里が、シングルコレクション「ザ・シングルス」を8月8日に発売する。これは1987年から1999年までに発表された、「NEW SEASON」から「一度遊びに来てよ’99」までの全40枚のシングルA面曲と両A面の計45曲を収録した、彼女の25周年の活動のいわば集大成となる作品だ。

この他にも25周年記念として「200曲セルフカヴァー」やアルバム、Blu-ray各ボックスのリリースが予定されている彼女。25周年を迎えた本人の思いは…

---25周年をむかえての、今の率直な感想を。

25周年っていうのはものすごく大変なことで、私よりずっとベテランの方々が迎えるものだというイメージがあったんですね。だから、自分の事としてはピンと来なかったんです。でも、しばらく前に、ファンの方が“もうすぐ25周年ですね”というメッセージをホームページに書いてくれたのを見て“えっ、私が!?”とビックリして(笑)。それが、あらためて25周年を実感するきっかけになりました。私の場合は、結婚してしばらく音楽活動から離れていたブランクもあるし。ずっと活動を続けて来られた方の25年とはちょっと違うのかもしれないですけど。マイペースながらも25年やってこれたことは自分でも客観的にすごいな、と思うし。こうして25周年を迎えられたことを嬉しく思っています。

---今、25周年を迎えてあらためて「歌手・森高千里」の音楽を聴いてどう思います?

自分の曲をきちんと聴き返すのは本当に久しぶりなので新鮮です。レコーディングして、コンサートで歌っている時にはもう、なんていうか、曲がカラダに入りこんでいるから客観的に聴けないところもあったんですけど。今は、前とはちょっと違う感覚で聴いている自分がいますね。当時のことを忘れていたというわけではないんだけれど、その頃に思っていたことがわーっと甦ってきたり。結婚もして、子供も生まれて……当時よりもいろんな経験をしている今の私が聴くことで、歌っていた当時とは違う視点で歌詞が心に入ってくることもあるし。そういう発見もいろいろあって面白いです。

---シングル・ベスト『ザ・シングルス』リリースに関しての思い入れや、この後アルバム・ボックスや、ブルーレイ(映像)ボックスなど、自分の音楽活動を集大成するようなリリースが続きますが、どのように思っていますか?

デビュー曲からの全シングルを集めたベストやアルバムをまとめたボックスは初めてなので、うれしいです。私自身、とても楽しみにしているんです。家でも聴けるぞ、車でも聴けるぞと(笑)。これは、やっぱり25周年という節目を迎えたからこそ出せるものですよね。そういう意味でもラッキー♥って感じです。映像集も、今までの自分の歴史を客観的に見ることができて面白いですね。“そういえば、こんなのもあったな”と懐かしい映像もありますし。すべてが自分の歴史だから、“この映像は恥ずかしい”とか“これはなかったことにしたい!”みたいなものは、うーん、ないです(笑)

---YouTubeにて公式チャンネルが立ち上がりました。まわりの反響や自身の感想を聞かせてください。

想像以上に、多くの方に“観ているよ”って言われます。ファンの方や、周りにいる人たちだけでなく、しばらく会っていなかった友達が久しぶりに連絡をくれたり。映像のコメント欄にファンの方々が書いてくれたことを読んで、自分でもまたCDを出してきて聴いてみることもあります。また、この公式チャンネルをきっかけにして、初めて私のいろんな曲を聴く方もいるだろうし。コンサート活動を休止してから好きになった人には、ライヴではこんな感じで歌っていたんだっていうのを観てもらえるのかな。これからもまたいろんな映像をあげていこうと思っていますけど、懐かしく思い出してもらえたり、新鮮な気持ちで楽しんでもらえたらいいですね。

---公式チャンネルで200曲セルフカヴァー企画がスタートします。感想と意気込みを。

はい、無謀なチャレンジですよね(笑)。でも、久々にわくわくしています。果たして本当にできるのかな、という不安もないわけではないんですけど。これくらい無謀なほうが私っぽいかな、とも思うんです。今までやってきた森高千里の“カタチ”があるとしたら、こういう25周年も私らしくていいんじゃないですかね。やっぱりね、目立つことが好きなんですね。目立たないとソン!みたいなね(笑)。それに、自分が歌ってきた曲に自分が触れる機会というのも、こういう企画がない限りなかったと思うし。

---ライヴを見たいという要望も高まっています。ライヴについての自身の想いを聞かせてください。ライヴを行う可能性はありますか?

今はまだ、200曲セルフ・カヴァー企画のことで頭がいっぱいなのですが。これをやりながら、じょじょに盛り上がっていければいいですね。その先にライヴがある、という風につながればいいなと思っています。期待は……していてください(笑)

インタビュー: 能地祐子
画像

初のコンプリート・シングル・コレクション!3 枚組全45 曲収録
森高千里 ザ・シングルス 2012年8月8日発売

☆デビュー25 周年記念企画☆
森高千里のシングル全部入り! 唄、歌詞、サウンド、すべてがキラキラ輝く永久保存盤!!
デビュー25周年を記念し、レーベルの垣根を越えてシングルA面・全45曲を初めてコンプリートするシングル・コレクションが遂に登場!
「初回生産限定仕様」 :
1. 未発表カットを含む豪華48ページ別冊フォト・ブックレット付
2. 三方背スリップケース付スペシャル・パッケージ仕様
3. スーパー・ピクチャー・レーベル仕様
※初回生産限定仕様 : ¥4,280(税込)/¥4,076(税抜)、 品番 : WPCL-11128/30
※通常仕様 : ¥3,980(税込)/¥3,790(税抜)、 品番 : WPCL-11131/33

Disc1
NEW SEASON(1987年5月25日発売 #1)
オーバーヒート・ナイト(1987年10月25日発売 #2)
GET SMILE(1988年2月25日発売 #3)
ザ・ミーハー(スペシャル・ミーハー・ミックス)(1988年4月25日発売 #4)
ALONE(1988年10月25日発売 #5)
ザ・ストレス ―ストレス 中近東ヴァージョン―(1989年2月25日発売 #6)
17才(1989年5月25日発売 #7)
だいて[ラスベガス・ヴァージョン](1989年9月25日発売 #8)
道(1990年1月25日発売 #9)
青春(「道」両A面)
臭いものにはフタをしろ!!(1990年5月25日発売 #10)
雨(1990年9月10日発売 #11)
勉強の歌(1991年2月10日発売 #12)
この街 (HOME MIX)(「勉強の歌」両A面)
八月の恋(1991年6月25日発売 #13)

Disc2
ファイト!!(1991年10月25日発売 #14)
コンサートの夜(1992年2月25日発売 #15)
私がオバさんになっても(シングル・ヴァージョン)(1992年6月25日発売 #16)
渡良瀬橋(1993年1月25日発売 #17)
ライター志望(「渡良瀬橋」両A面)
私の夏(1993年4月10日発売 #18)
ハエ男 (シングル・ヴァージョン)(1993年6月25日発売 #19)
Memories (シングル・ヴァージョン)(「ハエ男」両A面)
風に吹かれて(1993年10月11日発売 #20)
ロックン・オムレツ(1994年1月25日発売 #21)
気分爽快(1994年1月31日発売 #22)
夏の日(1994年5月10日発売 #23)
素敵な誕生日(1994年10月10日発売 #24)
私の大事な人 (シングル・ヴァージョン)(「素敵な誕生日」両A面)
二人は恋人(1995年2月10日発売 #25)

Disc3
休みの午後(1995年10月10日発売 #26)
ジン ジン ジングルベル(1995年12月1日発売 #27)
SO BLUE(1996年2月19日発売 #28)
ララ サンシャイン(1996年6月10日発売 #29)
銀色の夢(1996年11月11日発売 #30)
Let's Go!(1997年2月25日発売 #31)
SWEET CANDY(1997年6月11日発売 #32)
ミラクルライト(1997年10月15日発売 #33)
SNOW AGAIN(1997年11月19日発売 #34)
電話(1998年3月4日発売 #35)
海まで5分(1998年7月15日発売 #36)
冷たい月(1998年10月1日発売 #37)
私のように(1999年3月17日発売 #38)
まひるの星(1999年5月19日発売 #39)
一度遊びに来てよ'99(1999年10月1日発売 #40)


■YouTube公式チャンネル
http://www.youtube.com/user/moritakachannel

■『ザ・シングルス』 ワーナーミュージック・ジャパン作品ページ
http://wmg.jp/moritakachisato/



編集/有本和貴(BIGLOBE MUSIC編集長)

月別リンク