BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS 木村カエラ 2年ぶりのツアー無事終了!武道館3daysは緊急追加販売決定

<<   作成日時 : 2012/02/17 13:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

木村カエラ

木村カエラが、昨年2年4ヵ月ぶりに発表した最新アルバム「8EIGHT8」を引っ提げ、1月8日Zepp Sapporoを皮切りに行われた6都市9公演のライブハウスツアー「KAELA WEB TOUR 2012」のファイナルを、2月14、15日にZepp Tokyoにて開催した。

木村カエラ

ステージ上にはアルバムのモチーフになっている大きなクモの巣。カエラにとって2年ぶりとなった今回のツアーは、最新作「8EIGHT8」収録曲を中心に、「『ライブならこの曲でしょ』とか懐かしい曲もたくさん準備してるから最後まで楽しんでいってね!今日はファイナルだからね、もう暴れようぜ!」という言葉通り、しょっぱなから中盤までアゲアゲ曲を惜しみなく披露するという強力ラインナップで構成された。

木村カエラ

観客たちも待ってましたとばかりに弾け跳び、フロアを大きく揺らした。アイゴンこと會田茂一も加わったバンドサウンド、でっかい包容力を持ってぶち放たれるカエラの歌、そしてライブハウスならではの熱狂ぶりや掛け合いに「そうそう!カエラのライブはコレコレ!!」とニヤリとしてしまう。

木村カエラ

かと思えば、「学生の人いる?学生の時ってキュンキュンすることが多くない?え?今はそんなことないって言わないでよ〜(笑)。これからかわいらしい曲を歌うんだからぁ。みんなキュンキュンしましょ♪」とバレンタインにぴったりのキュートでポップな楽曲も用意され、ステップを踏みながらの歌に観客たちから「かわいい!」という声が飛んだ。

このギャップが成立するのもカエラだからこそだ。そしてあっという間に迎えたライブ後半は、「ここから鬼アガリするわけ。みんなついて来れるかな?かかってこーい!!」と挑発しながらライブ鉄板曲をこれでもかとたたみ掛ける。拳を突き上げて狂喜乱舞する観客たちを嬉しそうに見つめながら熱唱するカエラ。その熱気は2階席も縦に揺れるほどで、鬼というより神といえるくらいの最強のロックチューンたちが用意されていた。

14日はチョコの投げ入れ、15日にはWアンコールの前に4つ並んだベースアンプにメンバー全員が腰を掛けて記念撮影。「何かやって!」と欲しがる観客たちに、ギターを持っていた渡邊忍が悩みに悩んで「happiness!!!」のイントロを弾くと、カエラも加わって急遽1コーラスだけの「happiness!!!」が披露されるという嬉しい一幕も。

観客たちとの繋がりを再確認しながらアンコール含む全24曲、たくさんの“ありがとう”と“愛”に満ち溢れた歌で、みんなに元気とパワーを注入してライブハウスツアー「KAELA WEB TOUR 2012」を締め括った。

残すは3月のツアー追加公演・日本武道館3days。ツアーのラストを飾るに相応しい、さらにショーアップされた内容となりそうだ。チケットは全て完売しているが、機材席開放につき急遽追加分の一般販売が2月18日より開始される。

今回のツアーは、「よりみんなに会いたい、みんなに伝えたい」という強い思いで挑んでいるというカエラ。アルバム「8EIGHT8」に込めた3つのコンセプト「人との繋がり/人はひとりぼっちじゃない/ありがとうという言葉」についての思いとメッセージを、ライブを通して力強く発信している。その思いを武道館でぜひ共有して欲しい。

また、ライブハウスツアー 「KAELA WEB TOUR 2012」の各地でのライブ写真を販売してきたshowcase-prints.comでは、今回のZepp Tokyoの写真と全国各地の追加分が2月18日(土)の18時より販売が開始される。


■ライブ写真販売URL
http://www.showcase-prints.com


■ライブ情報
KAELA WEB TOUR 2012追加公演
※チケットはSOLD OUTしましたが、機材席開放につき、チケット2次発売が決定!
2月18日より一般発売。

2012年3月3日(土) 日本武道館 開場 / 開演:17:00/18:00
2012年3月4日(日) 日本武道館 開場 / 開演:15:00/16:00
2012年3月6日(火) 日本武道館 開場 / 開演:17:30/18:30

★チケット料金:
指定席¥5,775(消費税込)
※4歳以上有料
★立見料金 ¥5,775(消費税込)
※未就学児童入場不可


■コロムビアオフィシャルサイト
http://columbia.jp/artist-info/kaela/


 



編集/ハジ(BIGLOBE MUSIC編集局)

月別リンク