BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS 世界のきゃりーぱみゅぱみゅ!LAで73カ国配信の新曲を初披露

<<   作成日時 : 2011/12/12 17:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

きゃりーぱみゅぱみゅ

中田ヤスタカ(capsule)プロデュースにより今年8月にミニアルバム「もしもし原宿」でメジャーデビューしたきゃりーぱみゅぱみゅが、12月9日(現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスで行われたイベント「ルネブティックワールドデビューパーティー」に出演し、初ライブを披露した。

きゃりーぱみゅぱみゅは、デビュー曲PONPONPON」のミュージックビデオがわずか4か月で動画配信サイトYouTubeで1,000万回再生を突破し、2011年デビュー邦楽アーティストとして最速最多の再生回数を記録した。来年1月11日に発売される1stシングル新曲「つけまつける」は、邦楽アーティスト史上最多の73ヶ国での配信がスタートし、早くもiTunes Storeでエレクトロニックチャート、フィンランド1位、ベルギーで4位を記録するなど、国内だけにとどまらず世界中から注目を集めている。

そんなきゃりーぱみゅぱみゅの初ライブは、日本の現代文化とアメリカのポップアート社会が融合されたロサンゼルスを代表するカフェ&ギャラリー「ROYAL/T」で開催された。

当日会場には入れ替わり約6,000人が来場。彼女のライブを見るために集まった来場者が一時入場規制されるほど、原宿ファッションや奇抜なファッションに身を包んだ人で溢れかえった。

イベントは、きゃりーの好きなブランドでもある6%DOKIDOKIのファッションショーからスタート。ショーの後半、他のモデルにひけをとらないくらいのカラフルな衣装に身を包んだきゃりーが登場。当日のサプライズ演出だったため、会場は大盛り上がり。

きゃりーぱみゅぱみゅ

ショーを終え、会場のボルテージが最高潮の中、きゃりーのライブがついにスタート。「きゃりーのマーチ」が流れた瞬間、「きゃりーチャン!」「カワイイ!!」「PONPONガール!」という日本語の声援が飛び交う中、ライオンのマスクを被ったダンサーと「PONPONPON」の衣装を着た本人が行進しながら登場。会場の歓声は一気に最高潮に達した。

最初にデビュー曲「PONPONPON」を披露。YouTube1,000万回の視聴の半分以上がアメリカで再生されたこともあり、集まったファンはミュージックビデオと同じ振りを完璧に踊り、一緒に歌うなど、大盛り上がりをみせた。

続いて新曲「つけまつける」を世界初披露した。発売前にもかかわらず、サビ部分では一緒に踊りながら大熱唱するファンもいた。

アメリカでの初ライブは、大盛況のうちに終了した。今回のイベントでライブを行ったアーティストはきゃりーのみ、海外の観客の関心度の高さを改めて証明する結果となった。

今回の出演に関して、きゃりーぱみゅぱみゅは「こんなに海外の方が喜んでくれるなんて思ってもいなかった、これからも日本の元気をアピールしていきたい!」とコメントしている。


■「ルネブティックワールドデビューパーティー」詳細
日時:2011年12月9日(金) 18:00〜24:00 
場所:ROYAL/T(ロイヤルティー)
L ROYAL/T(ロイヤルティー)はLAのダウンタウンより110号フリーウェー、10号フリーウェーを経由し西に20分ほど向かったカルバーシティに2008年にオープンした日本の現代文化とアメリカのポップアート社会が融合された600人を収容するLAを代表するカフェ&ギャラリー。お店店内には村上隆氏らの日本の現代文化作品が数多く展示がされ、3ヶ月ごとに個展、エキシビットを実施。


■リリース情報
1stシングル「つけまつける」
発売日:2012年1月11日(水)
【初回限定フォトブック仕様】
WPCL-11018 ¥1,800(税込)
【通常盤】
WPCL-11019 \1,200(税込)
※「きゃりーステッカー」3種類の内1種をランダム封入

収録予定楽曲                             
1.つけまつける
2.きゃりーANAN
3.チェリーボンボン(extended mix)


 


編集/ハジ(BIGLOBE MUSIC編集局)

月別リンク