BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS andropの4楽曲が東宝シンデレラ主演ショートムービー「空色物語」に抜擢

<<   作成日時 : 2011/11/29 15:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

androp

andropが、第7回東宝シンデレラ初主演作「空色物語」の主題歌に抜擢されたことが明らかになった。

andropは、9月21日にリリースした1stフルアルバム「relight」が、10/3付のオリコンアルバムチャート初登場12位を記録。また、「ミュージック・ジャケット大賞2011」で準大賞を受賞し、イギリスのThe Favorite Website Awardで「Site of the day」を受賞するなど、今国内外で非常に高い評価を得ている。

空色物語
(c)2012 TOHO CO., LTD.

「空色物語」は、「ソラニン」「僕等がいた」などを手掛ける三木孝浩監督がメガホンをとり、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ、「つみきのいえ」のROBOTが制作を手掛けた、4本のオムニバス形式によるショートムービー。第7回東宝シンデレラオーディションで受賞した4人の女の子がそれぞれ空色物語「虹とシマウマ」「ニケとかたつむり」「アリと恋文」「王様と羊」の主演を務めている。

andropの音楽性に魅かれた三木孝浩監督自らの選曲により、4作品の主題歌をandropの4枚の作品から抜擢。andropが、主題歌を担当するのは今回が初めて。andropの楽曲観、歌詞との見事なシンクロが実現された「空色物語」の美しい映像世界に注目だ。


■三木孝浩監督コメント
バンドカラーを定義づけさせない、変幻自在な多様性にワクワクします。更には曲の一つ一つに、ネガティブとポジティブ、楽しいと悲しい、刹那と永遠、天邪鬼と素直、好きと嫌い、などなど、相反する2つの感情を内包していて、でもその矛盾こそが人の思いのリアルさであり、andropの曲が強く心に響いてくる所以なのだと思います。


■『空色物語』 
監督:三木孝浩 
脚本:持地佑季子 
音楽:mio-sotido 
主題歌:androp 
制作:ROBOT 

(1) 「虹とシマウマ」 
主演:上白石萌歌
主題歌:「Image Word 」 androp (from 1stアルバム『anew』)
(*『空色物語』メインテーマ曲)
―儚さと躍動がないまぜになった曲の世界感が、少女達の思春期を描いた今回の空色物語のテーマ全体にもマッチしていて、素晴らしい楽曲だと思いました。(三木孝浩)

(2)「アリと恋文」
主演:浜辺美波
主題歌:「Bell」 (from 1stフルアルバム『relight』)
―エレクトロな曲と歌声のPOPさの裏側に、リアルな生々しさが隠れていて、一筋縄ではいかない感じが好きです。(三木孝浩)

(3)「王様と羊」
主演:小川涼
主題歌:「Youth」 (from 3rdアルバム『door』)
―不透明な未来にも、どこか胸躍らせながら突き進んでいくような、そんな前向きさが心地よく感じました。(三木孝浩)

(4)「ニケとかたつむり」
主演:上白石萌音
主題歌:「Merrow」 (from 2ndアルバム『note』)
―トリッキーなイントロで入りつつも、白昼夢を見ているような柔らかな歌声が、物語のファンタジー性にはまってました。(三木孝浩)

『空色物語』
2012年3月23日(金) DVD発売決定
「上白石萌歌 〜虹とシマウマ〜」 \2,940(税込)
「上白石萌音 〜ニケとかたつむり〜」 \2,940(税込)
「浜辺美波 〜アリと恋文〜」 \2,940(税込)
「小川涼 〜王様と羊〜」 \2,940(税込)


■andropオフィシャル・サイト
http://www.androp.jp


■andropプロフィール

2009年12月に1st album『anew』でデビュー。アーティストプロフィールが公表されていないにも関わらず、音源リリース前の新人としては異例の抜擢でSUMMER SONICに出演。1st album『anew』、2nd album『note』共に、ロングセラーを記録し、一躍シーンの注目を集める。

2011年2月16日にリリースされた3rd album『door』は、「MirrorDance」「Puppet」を含む全8曲を収録。“新世代のポピュラー・サウンド”と評され、andropの音楽的な評価を決定づける作品となった。(『door』は、「ミュージック・ジャケット大賞2011」の準大賞を受賞)

2011年5月には、初の全国ワンマンツアーを敢行。そして、3年連続の出演となるSUMMER SONICをはじめ、大型フェスへ続々出演。秋には、全国12箇所をまわるライブハウスツアー「one-man live tour "angstrom 0.4 pm"」を大盛況のうちに終えた。映像・ライティング・音響が一体となる革新的なライブは高い評価を得ており、現在まで行ったワンマンライブは全公演ソールドアウトしている。

そして、今年9月21日には、androp初となる1st full album『relight』をリリース(2011/10/3付のオリコンアルバムチャートで初登場12位を記録)。現在もロングセールスを記録している。公開されている「Bright Siren」「Bell」のPVは、国内外で非常に高い評価を得ており、英のThe Favorite Website Award「Site of the day」他を受賞。

2011年末には、FM802 RADIO CRAZY、そして、COUNTDOWN JAPAN 11/12へ出演。2012年2/26より全国6会場でのZeppワンマンツアー”relight”も決定している。


■andropライブ情報
ワンマンライブツアー”relight”
2012年2月26日(日) Zepp Nagoya
2012年3月10日(土) Zepp Sendai
2012年3月18日(日) Zepp Osaka
2012年3月20日(火・祝) Zepp Fukuoka
2012年3月24日(土) Zepp Sapporo
2012年3月31日(土) Zepp Tokyo

2011年12月30日(金) FM802 RADIO CRAZY インテックス大阪
2011年12月31日(土) COUNTDOWN JAPAN 11/12 幕張メッセ


■andropディスコグラフィー
1stアルバム『anew』
2009年12月16日 release. VRES-0001 \1,800(税込)

2ndアルバム『note』
2010年4月21日 release. VRES-0002 \1,500(税込)

3rdアルバム『door』
2011年2月16日 release. WPCL-10892 \2,300(税込)
*「ミュージック・ジャケット大賞2011」準大賞受賞

1stフルアルバム『relight』
2011年9月21日 release. WPCL-10990 \3,000(税込)


   



文/ハジ(BIGLOBE MUSIC編集局)

テーマ

月別リンク