BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS 木村カエラ、SHINee…今週のオリコンランキング

<<   作成日時 : 2011/10/18 09:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

木村カエラ「8EIGHT8」

10/24付週間オリコンランキング速報、アルバムでは木村カエラの「8EIGHT8」、シングルではSHINeeの「LUCIFER」などが注目。

アルバムランキングは、発売初週で4.3万枚を売り上げた、木村カエラの6枚目のオリジナルアルバム「8EIGHT8」(10月12日発売)が首位を獲得。木村カエラのアルバム首位は3rdアルバム「Scratch」(2007年2月発売)以来4年8ヵ月ぶり2作目。これまでさまざまなアーティストとコラボレーションしてきたカエラだが、今作は全13曲がASPARAGUSの渡邊忍によるプロデュース。ギターロックの イメージが強い彼だが、お得意のハードチューンから「Ring a Ding Dong」のような曲まで様々なタイプの楽曲が揃っている。

一方シングルは、韓国の男性5人組グループ・SHINee(シャイニー)の3rdシングル「LUCIFER」(10月12日発売)が発売初週で5.0万枚を売り上げ、シングルランキングで2位に初登場した。SHINeeのシングルTOP3入りは、デビューシングル「Replay −君は僕のeverything−」(最高位2位・今年6月発売)、2ndシングル「JULIETTE」(最高位3位・今年8月発売)に続き3作連続で、海外アーティスト(ソロも含む)による「デビューから3作連続TOP3入り」は、1968年1月のシングルランキング発表開始以来44年目で初の快挙。SHINeeから喜びのコメントも届いている。

■SHINeeコメント
今年は念願の日本デビューが出来て、しかもデビューレセプションでは、Abbey Road Studiosから始まり日本全国の皆さんにお会いできたことがなにより嬉しかったです。
僕らの音楽や活動が日本の皆さんにも受け入れられたようで、とても光栄に思います。本当にありがとうございます。
これからも僕たちは色々なことに挑戦し、精進していきたいと思いますので、引き続き応援して貰えたら嬉しいです。よろしくお願いします!!


〔主なランキングトピックス〕

【アルバム】
1位: 木村カエラ「8EIGHT8」
約2年4ヶ月ぶりとなるオリジナルアルバム。収録曲はNTTドコモ CMソング「Ring a Ding Dong」、カネボウ KATE CMソング「うたうらら」、映画チェブラーシカ主題歌「orange」、NECパソコンLaVie L CMソング 「lollipop」を含む全13曲。
初回盤はアルバムのタイトル曲にもなっている「8EIGHT8」の歌詞世界を写真で表現したBook CDとしてリリース。

3位: 超新星「4U」
韓国の6人組ダンスボーカルグループ・超新星の4thアルバム(10月12日発売/初登場赤丸付、2.7万枚)。今回の3位は、『SUPERNOVA BEST』(今年1月発売)の7位を上回る、アルバムの自己最高位。TOP10入りは通算2作目。

5位: ノエル・ギャラガー「ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ」
元オアシスのノエル・ギャラガーによるソロ・プロジェクト・ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズのデビューアルバム(10月12日発売/初登場赤丸付、2.3万枚)。洋楽ランキングでは首位。




【シングル】
1位: L'Arc〜en〜Ciel「X X X」
L'Arc〜en〜Ciel結成20周年第二弾シングルが発売初週で8.1万枚を売り上げ、1位にランクイン。首位獲得は、シングル・アルバムを通じ2008年4月発売のシングル「DRINK IT DOWN」以来3年半ぶりで、シングルでは21作目。今作で≪90年代≫≪00年代≫に続き、≪10年代≫でもシングル首位を獲得。1968年1月のシングルランキング発表開始以来、バンドによる「3年代連続でのシングル首位」は、サザンオールスターズ(80年代〜00年代)、B’z(90年代〜10年代)に次ぐ史上3組目の快挙となった。

2位: SHINee「LUCIFER」
SHINee(シャイニー)の3rdシングル。SHINeeは、ジョンヒョン、ミンホ、テミン、オンユ、キーの5人組グループ。韓国では2008年にデビューし、現在ではアジア各国で人気に。日本デビューは今年6月で、デビューシングル「Replay −君は僕のeverything−」(今年6月発売)では、当時韓国グループのデビューシングルとしては歴代最高位となる2位を獲得した。なお、今月27日(木)に愛知県日本ガイシホール、来月24日(木)・25日(金)には大阪府・大阪城ホールにてライブを開催する。

3位: Superfly「愛をくらえ」
TOP10入りは通算6作目。本作はこれぞSuperflyといえるロックナンバーで、妖艶な大人の雰囲気を匂わせつつも、彼女の声の持つ生命力、ポジティヴなパワーを改めて感じさせてくれる楽曲。この秋公開される妻夫木聡主演の映画「スマグラー おまえの未来を運べ」の主題歌。

5位: FLOWER「Still」
EXILEらが所属する音楽事務所 LDHの平均年齢16歳、9人組ガールズユニット・FLOWERのデビューシングル。10代離れした抜群のビジュアル、キャリアに裏付けされた卓越したダンス・パフォーマンス、突き抜ける歌声と3つの魅力を併せ持つ彼女達、今後の活躍にも注目したい。




文/チッキー(BIGLOBE MUSIC編集局)
※文中データはオリコンリサーチ社発表資料による

月別リンク