BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS コブクロ 映画「岳 -ガク-」主題歌MVが遂に完成!特設サイトもスタート

<<   作成日時 : 2011/04/19 14:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

小栗旬主演の映画「岳 -ガク-」主題歌となるシングル「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」を4月27日(水)にリリースするコブクロ。そのミュージックビデオが遂に完成した。

「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」は、コブクロが映画「岳 -ガク-」の主題歌のために書き下ろした楽曲。コブクロはその楽曲について、「コミックスと映画を見させて頂いて、最後に心に残ったのはやはり“命”という言葉でした。主人公が、自分の命もあるのですが、もうひとつ大切な人の命に向かって、わが命をギリギリのところまで持っていって助けるというところに、もうひとつのメッセージを込めました。そして、この世界中を包んでいるひとつの命があるとしたら、太陽だなと思いました。消えない自分の体の中にも消えずに今あるもの。でもいつまであるかわからないけど、必ず自分を突き動かしてくれる。この世界と自分。それを感じることの出来る映画です。シーンも広大な景色も多いからか、印象的な場面も沢山ありました。」とコメントしている。

★映画主題歌特集

ミュージックビデオは、今回の楽曲のテーマである“命”をモチーフに、壮大で広い自然をバックに、コブクロが力強く熱唱する作品となっている。コブクロはミュージックビデオについて、「今まで見た事がないような映像になりました。地面に水を敷いているので、反射もして、とても綺麗な仕上がりになっていると思います。エネルギーに溢れています。」とコメントしている。

また、ミュージックビデオを撮影した監督は「太陽と生命をテーマに構成された映像はとても色鮮やかで、コブクロがまるで自然に溶け込むかのような一体感を感じさせます。恐ろしいほど迫力のある黒田さん、小渕さんの電光石火のギターソロなど、見た人を引きつける魅力的なパワーをメラメラとだしています。勇気づけられます!コブクロを正面からストレートに描いた、壮大で神秘的なミュージックビデオです。」と作品の出来栄えについて語っている。

今回の楽曲「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」は、特設サイトが4月22日よりオープンされる。特設サイトでは、「あなたの街の太陽の写真を送って、ホームページを太陽でいっぱいにしよう!」という“太陽フォト企画”が行われる。日本中から太陽の写真を募集すると同時に、全国のラジオ局とも連動して、OAに合わせての募集もするという。優秀作品を選んでのプレゼントも実施される。

また、コブクロは5月28日から全国ツアー「KOBUKURO LIVE TOUR 2011 “あの太陽が、この世界を照らし続けるように。”」をスタートさせる。このツアーでは、各会場にて募金箱を設置し、来場される方からの義援金を受け付け、「コブクロ&コブクロファン一同」として東日本大震災で被災された方たちの応援をする予定だ。

<2011年4月5日のオフィシャルサイトより転載>
ファンの皆さまへ
この度の大震災により、たくさんの方々が被災し、大切な家族や仲間を亡くされ、今も避難所での生活を余儀なくされています。毎日のニュースや、現地の方からの報告などでしか知り得ない被災地の状況は、僕等の想像を絶するほど、過酷なものだと思います。この春から全国ツアーを予定しておりましたが、この状況下で実施しても良いものかと随分と葛藤がありました。しかし今、僕等が一番やるべき事は、音楽活動を通じて一人でも多くの方に何かを伝える事、届ける事なのではないかと思い、ツアーを行うことを決めました。そして、コブクロとして、ここから何ができるのか、何をさせて頂くべきなのか、チーム全体で考えました一日でも早い復興への力添えになれればと、僕等も個人的に義援金をおくる準備をさせて頂き、また、このツアーを通じて、ファンの皆さんやスタッフの皆さんと一緒に何かできればと考えました。全国、32公演の各会場で、直接皆さんと触れ合う機会を大切にし、皆さんに募金をして頂ける場所を設けさせていただこうと思います。僕等とファンの皆さん、スタッフ全員の気持ちを1 つにして「コブクロ&コブクロファン一同」として、被災された東日本の皆さんを応援させていただければ、きっと、僕等だけでは成し得ない、大きな力と希望が生まれると信じています。復興への道のりは、まだまだ先が長いと思います。今年のみならず、これから先も何らかの形で力になれればと思っています。被災された皆様にお見舞いを申し上げますと共に、亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
コブクロ・小渕健太郎 黒田俊介


■リリース情報
 
21st SINGLE コブクロ「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」

画像

2011年4月27日(水)発売
品番:WPCL-10958(MAXI) 価格:¥1,000(税込)
収録曲:1.あの太陽が、この世界を照らし続けるように。 2.シルエット
初回プレス盤には、スペシャルクーポン付き!


■ツアー情報
KOBUKURO LIVE TOUR 2011 “あの太陽が、この世界を照らし続けるように。”
5月28日(土)29(日) 静岡エコパアリーナ
6月2(木)3(金) 日本武道館
6月7日(火)8(水) 大阪城ホール
6月11日(土)12(日) サンドーム福井
6月18日(土)19(日) 神戸ワールド記念ホール
6月24日(金)25日(土) マリンメッセ福岡
6月28日(火)29(水) 宮崎市民文化ホール
7月2日(土)3(日) 横浜アリーナ
7月9日(土)10日(日) アスティとくしま
7月15日(金)16日(土) 広島グリーンアリーナ
7月20日(水)21日(木)24日(日)25(月) 大阪城ホール
8月6日(土)7日(日) 名古屋・日本ガイシホール
8月13日(土)14日(日) 仙台セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)
8月20日(土)21日(日) さいたまスーパーアリーナ
8月27日(土)28日(日) 札幌・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

※当初全公演4月16日をチケット一般発売日としておりましたが、仙台公演ならびにさいたま公演については現地の状況、電力事情を鑑み、一般発売日を6月25日に延期しております。
なお、このツアーの各会場にて募金箱を設置し、来場される方からの義援金を受け付けます。既に準備しているコブクロ本人ならびに所属事務所、レコードメーカー、ツアースタッフによる義援金と併せて「コブクロ&コブクロファン一同」として東日本大震災で被災された皆さまの応援をさせて頂く予定です。


■「あの太陽が、この世界を照らし続けるように。」特設サイト
http://wmg.jp/kobukuro/taiyo
(PC 携帯共通 4月22日よりオープン)

■オフィシャルホームページ
http://kobukuro.com/




文/ハジ(BIGLOBE MUSIC編集局)

テーマ

月別リンク