BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS aikoと、ファンの、13年間の「まとめ」〜aiko「まとめI」「まとめII」〜

<<   作成日時 : 2011/02/22 09:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

本当の意味でaikoというアーティストと出会ったのは1年前だ。過去にも書いたが、ライブを見て感激し、そこから過去の作品を聞いたり、DVDを見たりするようになった。

そこで感じたのは、なによりファンを大切にする姿勢、である。簡単な例を挙げると、シングルCDのカップリング曲はたいていはその後に出るアルバムに収録されるのだが、aikoはそれがない。リリースするときはとにかく新しい歌をたくさんファンに届けよう、ということなのだろう。その姿勢はCDに限らず、aikoメールをはじめとしたファンへの情報発信でもそうだったり…

そしておそらくその考えを持つaikoにとっては、今までの歌をリリースするという「ベストアルバム」は、眼中にはなかったのだろう。だから、13年も活動している中で、これまで一枚もベストアルバムを出してこなかったのではと思う。だから、aikoがベストアルバムを出す、と聞いたときは、どんなアルバムにしてリリースするのだろう、とちょっと楽しみにしていた。

aiko「まとめI」「まとめII」を聞いて感じたのは、これはいわゆる「ベストアルバム」ではない、と。「ベストアルバム」といえばイコール、過去リリースしたシングルを集めたシングルコレクションであることが多いのだが、これはそうではない。これまで27枚のシングルをリリースしているが、「まとめI」「まとめII」に収録されている全32曲中、シングルは半分の16曲。彼女自身が選び抜いた歌の集まりになっているのだが、曲順とあわせて、aikoの「うーん、どれを選ぼう、どう並べよう」といううなり声まで聞こえてきそうな作品だ。

個人的な印象は、ライブで定番の曲が中心となっているということ。ここに、彼女にとっての「ライブ」の持つ意味───ライブは彼女にとってファンに直接歌を届けられる場所───が表れている気がする。ライブ限定の歌が今回初めて音源化されていることもその特徴だ。

また、「まとめ」に初音源化の曲が入っていたり、再録音、再ミックスの歌がたくさん入っているのは、少しでも「新しい形」にして届けたい…そんな彼女のこれまでの信念が伝わってくる。

そして、aikoを語る上で欠かせない「ラジオ」という要素がこのアルバムにたくさん盛り込まれているのも特徴だ。元々aikoはデビューする前に地元大阪でラジオパーソナリティーをやっており、また「オールナイトニッポン」を3年半つとめていた。初回限定盤の特典として、その「オールナイトニッポン」の復活版に加えて、その名もズバリな新曲「ラジオ」が収録されている。

このように作品としてaiko本人によってまとめられてリリースされることで、今まで聞いてきた歌がまた新しい「色」を持つのも事実だし、こうしてまとめられた全32曲を聞いていると、あらためてaikoというアーティストの”すごさ”───楽曲のバリエーションが豊富だったり、「これがまさにポップ」だったり───を感じずにはいられない。


きっとこのアルバムは、ライブによく行くaikoジャンキーにはたまらないと思う。きっと、これまで行ったライブの感動がよみがえってくるはずだ。そしてまた、ライブに行ったことのない人たちにも、彼女のライブがどんなものか、このアルバムを通して聞いていればきっと伝わると思う。そしてまた、aikoをあまり聞いていない人にも、aikoというアーティストがどういうものか、きっと伝わると思う。

aikoってこんなアーティストなんですよ、と。13年間、こんなことしてきたんですよ、と。

まさに、aikoと、ファンの、13年間の「まとめ」。


あー、あかん。
聞いていたら、ライブ行きたくなってきた。


BIGLOBE MUSIC aiko特集
http://music.biglobe.ne.jp/special/aiko/index.html

画像
初回盤ジャケット

画像
通常盤ジャケット

「aiko/まとめI」
発売日:2011年2月23日(水)/ PONY CANYON
品番:PCCA−01535
価格:¥2,800[tax in]
<収録楽曲>
1.milk
2.花火
3.赤いランプ
4.カブトムシ
5.夢のダンス
6.二時頃
7.シャッター
8.瞳
9.蝶々結び
10.be master of life
11.飛行機
12.気付かれないように
13.横顔
14.れんげ畑
15.桜の時
16.えりあし

画像
初回盤ジャケット

画像
通常盤ジャケット

「aiko/まとめII」
発売日:2011年2月23日(水)/ PONY CANYON
品番:PCCA−03515
価格:¥2,800[tax in]
<収録楽曲>
1.ボーイフレンド
2.アンドロメダ
3.二人
4.初恋
5.ナキ・ムシ
6.キラキラ
7.歌姫
8.愛の病
9.かばん
10.天の川
11.KissHug
12.帽子と水着と水平線
13.mix juice
14.ジェット
15.シアワセ
16.三国駅

初回限定特別仕様盤
・初回限定スペサルBOX
・カラートレイ
・初回仕様ブックレット
・特典DISC(aikoのオールナイトニッポンCD)付き
※「まとめI」にはvol.1、「まとめII」にはvol.2が付きます。

オフィシャルサイト:http://aiko.can-d.com



aiko Live Tour「Love Like Pop vol.14」
詳細はオフィシャルサイトにて:http://aiko.can-d.com
4月29日(金・祝)川口リリア メインホール※
5月4日(水・祝)福岡サンパレスホテル&ホール※
5月5日(木・祝)福岡サンパレスホテル&ホール※
5月11日(水)NHKホール
5月12日(木)NHKホール
5月19日(木)グランキューブ大阪
5月20日(金)グランキューブ大阪
5月25日(水)広島ALSOKホール
5月27日(金)倉敷市民会館
6月1日(水)中京大学文化市民会館オーロラホール
6月2日(木)中京大学文化市民会館オーロラホール
6月6日(月)札幌・ニトリ文化ホール
6月8日(水)帯広市民文化ホール
6月14日(火)仙台サンプラザホール
6月19日(日)金沢・本多の森ホール※
6月21日(火)新潟県民会館
6月27日(月)沖縄コンベンション劇場
7月2日(土)グランキューブ大阪※
7月3日(日)グランキューブ大阪※
7月6日(水)香川・アルファあなぶきホール
7月8日(金)松山市民会館
7月12日(火)宮崎市民文化ホール
7月16日(土)NHKホール※
7月17日(日)NHKホール※
7月21日(木)長野・ホクト文化ホール
7月24日(日)NHKホール※

●チケット料金:全席指定 ¥5,800(税込・一部公演立見席有り)
●18:00開場/19:00開演(※は17:30開場/18:30開演)

文/有本和貴(BIGLOBE MUSIC編集長)

月別リンク