BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS 吉川晃司もエール!強力タッグに大黒摩季「小躍りするほど緊張」

<<   作成日時 : 2010/10/18 10:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

「仮面ライダーオーズ/OOO」主題歌として現在テレビ放映中の『Anything Goes!』を11月17日に発売する大黒摩季。単独名義ではこの楽曲が実質最後のシングルとなるが、12月18日公開映画「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat. スカル MOVIE大戦CORE」主題歌で吉川晃司とユニットを組み、その楽曲を12月15日にリリースするという、ファンにはうれしいニュースが明らかになった。

今回の劇場版の主演は吉川晃司で、「仮面ライダーW」に登場した「仮面ライダースカル」を演じている。そして、主題歌でコラボレートするのが、現在放送中の「仮面ライダーオーズ/OOO」の主題歌を担当する大黒摩季。映画でも仮面ライダースカルとオーズがコラボレートしているが、楽曲もライダーに負けない最強のコラボレーションに。作詞を大黒摩季、作曲を吉川晃司、そして二人によるWボーカルという強力タッグが実現した。

二人がコラボするのは今回が初というが、初めてとは思えないほど意気投合し、新たな大ヒットの予感を感じさせるユニットが誕生。大黒摩季は「デビューの前から吉川晃司さんは憧れの存在で、今日も一緒にいて小躍りするほど緊張している」という程高揚し、片や吉川晃司も「前から好きな歌もかなりあって、詞の作り方を学んで、女心を勉強させてもらいました」とお互いをリスペクトしている模様。

この楽曲の制作を持って活動休止へ入る大黒摩季に、吉川晃司は「アーティストとしてはまだまだやり残しがあるまま休養に入る方が素敵だよね。彼女が最短で1年半後とかに戻ってきたら再会を楽しみにしたい」とエール。大黒摩季も「毎日休止するのをやめようかと思うときもありますが、新しいことに挑戦したまま休めるから、幸せだと思います」と心情を告白。小さくまとまることなく夢を追い続け、新しいことに挑戦する彼女の姿勢が浮き彫りになった。


■映画情報
劇場版「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE」
2010年12月18日より全国東映系で公開
主演:吉川晃司、他
吉川晃司の出演役柄 鳴海荘吉/仮面ライダースカル 役
『オーズ&ダブル feat.スカル」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映


■主題歌情報
吉川晃司×大黒摩季「タイトル未定」2010年12月15日発売
作詞:大黒摩季 作曲:吉川晃司 
劇場版「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE」主題歌
・CD+DVD AVCA-29882/B ¥1,890(税込) DVDにはミュージッククリップを収録 
・CD     AVCA-29883  ¥1,260(税込)


   


文/グッピー(BIGLOBE MUSIC編集局)

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文