BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS Superfly 「世界1位」ライブで締めくくった誰よりも熱かった夏

<<   作成日時 : 2010/09/01 18:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

前作から約9ヶ月ぶりとなる新曲を本日リリースしたSuperflyが、昨日ラストステージを迎えた「お台場合衆国2010」の「めざましライブ」に出演。夏の締めくくりにふさわしい圧巻のライブパフォーマンスを披露した。

夏休み最終日となる8月31日、同じく最終日を迎えた「お台場合衆国2010」のフィナーレを締めくくったのはSuperflyだった。今回Superflyは当イベントのテーマソングを提供していたこともあって、開催期間中に自身の曲が流れていたことに感激。実際にステージに立てたことに感無量の様子だった。

このライブの模様はUstreamに同時に生中継された。当日は16時半の定刻通りでライブのUstream生中継がスタート。このライブに関する情報をスタッフがTwitterを使って書き込みを行ったこともあり、Ustream生中継がスタートしたと同時に、サイト内コンテンツの観覧数世界1位を記録。昼間にも関わらず5000ビューを突破し、ピーク時には最大約5700ビューとメガヒット数を記録した。

画像

Superflyはライブで、翌日にリリースを控えた最新シングルから、フジテレビ系ドラマ「GOLD」主題歌の「Wildflower」、W杯で日本中を盛り上げた2010NHKサッカーテーマソング「タマシイレボリューション」、Sony Ericsson CMタイアップ曲「Free Planet」、そしてイベント・テーマソングである「Roll Over The Rainbow」の全4曲を披露。他にも大ヒット曲を熱唱しながら、ラストの「Dancing On The Fire」まで一気に駆け抜けた。

アンコールではSuperfly自らがギターを弾き「愛をこめて花束を」を熱唱し、全11曲が終了。まるで夏の終わりに別れを告げるような、観客が一斉に手を横に振る模様に感激していたSuperfly。彼女自身「JOIN ALIVE」「HIGHER GROUND」「FUJI ROCK FESTIVAL」「J-WAVE LIVE」「MONSTER baSH」「SUPER DRY THE LIVE」「SWEET LOVE SHOWER」などと精力的に夏フェスに出演した、思い出深く、誰よりも熱かった夏だけに、その締めくくりとなった今回のライブは、何よりも思い出に残ったことだろう。

お台場のみならず、Ustreamを通して世界中を大興奮の渦に巻き込んだ夏の終わりのステージは、熱狂のうちに幕を閉じた。

この日の模様は10月13日(火)17:00〜 CS放送のフジテレビNEXTにて放送。そしてSuperfly待望の最新作「Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3'」はいよいよ本日リリースだ。

<セットリスト>
1 Alright!!
2 恋する瞳は美しい
3 How Do I Survive?
4 Roll Over The Rainbow
<MC>
5 Wildflower
6 (You Make Me Feel Like) A Natural Woman
7 マニフェスト
8 Free Planet
9 タマシイレボリューション
10 Dancing On The Fire
EC1 愛をこめて花束を 

★Superflyスタッフ・ツイッター
http://twitter.com/Superfly_staff

画像

◆リリース情報
Superfly「Wildflower & Cover Songs:Complete Best 'TRACK 3' 」2010.9.1 RELEASE
【初回盤】:WPCL-10855/57(3CD) \2,900
【通常盤】:WPCL-10858/59(2CD) \2,800
http://superfly-web.com/

 


文/有本和貴(BIGLOBE MUSIC編集長)

月別リンク