BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS ガンダム主題歌を歌う米在住の次世代ロックディーバ「Kylee」とは

<<   作成日時 : 2010/09/10 15:54   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

今年3月に映画「誰かが私にキスをした」主題歌の「キミがいるから」でデビューした、アリゾナ在住のシンガー Kylee(カイリー)。デビューから間もない今年春から夏にかけてKyleeの歌声が放送された大手通販サイト「ニッセン」のCMでは、ノークレジットでの参加であったため、メーカーに問い合わせが殺到。それを受けてフルバージョンの曲が制作され、7月に「missing/ IT’S YOU」として発売されたシングルも好評の中、10月30日(土)より全国でイベント上映される大型アニメ作品「機動戦士ガンダムUC episode2『赤い彗星』」の主題歌に10月27日発売のKyleeの新曲「Everlasting」が起用されることが決定した。

Kyleeは、デビュー前から弱冠11歳でNBA(米プロバスケットボールリーグ)公式戦での国歌斉唱を務めたり、2009年に行われた大型音楽フェスSUMMER SONIC 09において史上最年少の15歳でパフォーマンスをするなど破格のエピソードが注目を集め、その愛くるしいルックスやファッション性、抜群の歌唱力が同世代である女子中高生を中心に話題に。今年の夏も一時来日中の時間を縫って、昨年に続きSUMMER SONIC 2010に出演しオープニングを務めるなど、アメリカ在住で現地のハイスクールに通う立場ながら着実に日本国内での活躍の場を増やしている。

そんなKyleeの3枚目のシングルとなる「Everlasting」は、機動戦士ガンダムUC episode2「赤い彗星」の主人公である少年バナージ・リンクスと、ヒロインであるオードリー・バーンの数奇な運命をモチーフに、「遠く離れていても、心は永遠に通じ合う」というテーマで書き下ろされた歌詞を歌った、切なくも壮大なロックチューンとなっている。なお、同曲の着うたは、10月13日に先行配信の予定ということだ。


機動戦士ガンダムUC episode2「赤い彗星」
「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」は、「亡国のイージス」等で知られる人気作家・福井晴敏の小説がベースになっており、その舞台は、1988年に公開された劇場版『機動戦士ガンダム逆襲のシャア』の3年後となる「宇宙世紀」の新たな流れを描いた待望の『機動戦士ガンダム』新章。古くからのガンダムファンはもちろん、すべてのガンダムファンが大注目している最新作。episode2「赤い彗星」は、今年2月にイベント上映され、3月にDVDとBlu-ray Discが発売されて大ヒットを記録したepisode1に続く、シリーズ第二話となる。
画像
※10月30日 全国8館にてイベント上映(2週間限定)
※11月12日 Blu-ray、DVD発売スタート

Kyleeコメント
日本で歴史のあるガンダムシリーズに、主題歌という形で関わることが光栄です。
私の歌で、「ガンダム」の世界や観る人の気持ちを盛り上げられたら、
また、「ガンダム」と合わさることで歌詞や音楽に深く入ってきてもらえたら嬉しいです。


サンライズ・プロデューサーより、起用コメント
Kyleeさんの力強くも、哀愁のある歌声に惹かれました。episode2では、新キャラクターも登場し物語も進展していきます。今回の主題歌「Everlasting」は、そんなストーリーを象徴するとても良い楽曲に仕上げて頂けたと思います。今後の、Kyleeさんの活躍にスタッフ一同期待しております。


■リリース情報
Kylee 3rd Single「Everlasting」2010年10月27日発売 ※豪華3形態
【期間生産限定盤:CD】DFCL-1695 \1,800(tax in)
期間限定盤[CD]仕様
(1)描き下ろし『機動戦士ガンダム UC』赤い彗星スペシャルパッケージ   
(2)別冊ブックレット
(3)描き下ろしジャケット絵柄スペシャルステッカー封入)

【初回盤:CD+DVD】DFCL-1692〜93 \1,500(tax in)
初回盤DVD収録内容: Everlasting [Music Video]

【通常盤:CD】DFCL-1694 \1,260(tax in)


■プロフィール
アリゾナ在住のシンガー、Kylee(カイリー)。1994年5月25日生まれ、現在16歳。

アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、幼い頃から洋楽とJ-POPに隔てなく触れてきた少女がシンガーとして本格的な活動の舞台に選んだのはここ日本。弱冠11歳でNBA公式戦の国歌斉唱を務め、2009年8月には史上最年少の15歳でSUMMER SONICのステージにてパフォーマンスするなど破格&異例の出来事が続く新世代ロックディーバの素顔は、ハイスクールに通う16歳の女の子。ハイスクールでは、学内で一握りのhonor student(学業優秀学生)に選ばれるほどの優秀な成績をおさめている才女でもある。

2010年3月、本人も出演する映画「誰かが私にキスをした」(監督:ハンス・カノーザ/出演:堀北真希、松山ケンイチ、手越祐也ほか)の主題歌「キミがいるから」で、満を持してのメジャーデビュー。同曲は、発売前からUSENリクエストランキング3位を記録、大手歌詞検索サイトでも検索ランキング1位を獲得するなど人気沸騰し、CDと同時に発売された着うたフル(R)の週間ランキング(レコチョク:集計期間3/24〜3/30)では新人のデビュー作として唯一のTOP10入りを果たすなど、2010年注目度No.1新人アーティスト。

続く4月から放送された大手通販サイトのTVCMでは、ノークレジットにも関わらずメーカーに問い合わせが殺到し、反響を受けて制作された楽曲「IT’S YOU」が着うたサイトでロングヒットを続けるなど、話題を呼んでいる。


■オフィシャルサイト
http://www.kylee.jp/

 


文/グッピー(BIGLOBE MUSIC編集局)

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文