BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS ”新CMソングの女王”木村カエラ、本日から「KATE」に登場

<<   作成日時 : 2010/07/21 16:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

音楽配信サイトのレコチョクが先日発表した『レコチョクアワード上半期最優秀賞2010』において、「Butterfly」と「Ring a Ding Dong」が、「着うたフル(R)」「着うた(R)」部門でそれぞれ1位を獲得と、上半期の着うた界を制した木村カエラ。「Butterfly」は結婚情報誌「ゼクシイ」のCMソングとして、「Ring a Ding Dong」は「NTTドコモ ひとりと、ひとつ。walk with you キャンペーン」CMソングとして、共にCMがオンエアされるやいなや話題を呼び人気になっていた楽曲だ。そんな”新CMソングの女王”木村カエラ本人が出演、歌っている新たなCMが本日からオンエアスタートした。

 ★「Ring a Ding Dong」は何位?
 ⇒【投票】最新テレビCM曲2010夏(BIGLOBE MUSIC)

今回木村カエラが出演するCMは、「no more rules」をブランドスローガンとするカネボウ「KATE」。「KATE」のターゲットである10代から20代を中心とした女性たちからも熱い共感を得ているというのが、今回の起用理由だという。また、彼女が歌うCMソング「deep beep」は8月4日から10日までレコチョクで独占配信し、11日から他モバイルサイトやiTunes StoreなどPCサイトでの配信も開始。また、先行配信開始日の8月4日限定で、コロムビアのHPでは木村カエラの写真が時間ごとに変化する特設サイトも展開予定とのことだ。

新曲「deep beep」のプロデュースは、前作「Ring a Ding Dong」に引き続き渡邊忍が担当。ポップな「Ring a Ding Dong」から一転、エッジの効いたギターリフが印象的なイントロから始まるこの楽曲は、レコーディングも渡邊忍、4106、柏倉隆史、中村圭作というバンドメンバーで行われ、これまでのカエラの曲の中でもかなりハードな部類に入るということで、「KATE」世代の10代・20代女子のみならず、バンドブームに青春時代を過ごしたアラフォー世代やギター少年のハートもわしづかみにすること間違いなしの1曲だ。

木村カエラはこの他にもキシリッシュガムのCMキャラクターにも起用されるなど、テレビCMに欠かせない存在になっている。出産を控えて当面活動は休止となるだろうが、これからも彼女を目にする機会は増えそうだ。


コロムビアHP
http://columbia.jp/kaela/

木村カエラアーティストHP
http://kaela-web.com/



文/グッピー(BIGLOBE MUSIC編集局)

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文