BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS 西野カナ・B'z・flumpool…今週のオリコンランキング

<<   作成日時 : 2010/06/29 11:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

7/5付オリコンランキングをお届けします。今週のシングルランキングを制したのは、B'zのボーカル・稲葉浩志。6年ぶり通算4枚目のソロシングル「Okay」が1週目で10.0万枚を売上げ、7/5付シングルランキングの首位に初登場しました。現在、B'zとしては43作連続でシングル1位を獲得中の稲葉浩志ですが、ソロとしても首位を継続中で、これで首位は1998年12月の1stシングル「遠くまで」から4作連続となりました。B'zは現在同じくソロ活動中のギターの松本孝弘が、世界的ギターリスト・Larry Carltonとの共演アルバム「TAKE YOUR PICK」でインストゥルメンタルにも関わらず6/14付週間アルバムランキング2位になるなど、B'zとしてもソロとしても圧倒的な支持を集める二人だけに、今後の活動にも要注目です。

そして今週シングル2位にランクインしたのは、昨年末の第60回NHK紅白歌合戦に初出場を果たした4人組バンド・flumpool。23日にリリースした日本テレビ系サッカーワールドカップ(以下W杯)南アフリカ大会2010サポートソング「reboot〜あきらめない詩〜/流れ星」が発売1週目で3.5万枚を売り上げています。W杯関連作品としては、日本サッカー協会公認の応援ソング「VICTORY」を収録し、6/21付アルバムランキングで首位を獲得したEXILEの『FANTASY』に続き2作目のTOP3入り。シングルランキングにおけるW杯関連作品のTOP3入りは、前ドイツ大会のTBS系『サッカードイツ大会』主題歌のTOKIO「Get Your Dream」(2006/7/3付 2位)以来となりました。ちなみに、EXILE『FANTASY』は今週付アルバムランキングでは5位、初登場から3週連続でTOP5入りで累計売上は39.2万枚に達しています。サッカー日本代表の熱い戦いぶりに比例するように、関連作品の売上も盛り上がりを見せているようです。


画像

一方、アルバムランキングの1位に輝いたのは、23日に発売された西野カナの2ndアルバム『to LOVE』。2008年2月のデビュー以来、シングル、アルバムを通じて初の首位を獲得となりました。今回、初動(発売1週目)売上は、昨年6月発売の1stアルバム『LOVE one.』の3.4万枚から8.5倍増となる29.0万枚を記録。今年、ソロアーティストとしては、倖田來未『BEST〜third universe〜 & 8th AL “UNIVERSE”』(2月発売)の初動22.2万枚を上回る、最高の滑り出しとなっています。西野カナは2008年2月にシングル「I」でデビューし、以来シングルは10作、アルバムは2作をリリースしています。最高位はシングルが今年5月発売の「会いたくて 会いたくて」で記録した2位、アルバムは1stアルバム『LOVE one.』の4位。なお、今回デビュー3年目で初の首位を獲得した西野カナは、平成生まれの女性アーティストとしては初のアルバム首位獲得という記念すべき出来事になりました。
 
今回の快挙に対し西野カナは「ニューアルバム『to LOVE』が、オリコン1位という事で、本当に嬉しいです! 何よりそれだけ沢山の皆さんに私の歌を聴いて頂けているという事ですので、このアルバムを作って本当に良かったです。このアルバムはLOVEをテーマに、いろんなサウンドに挑戦して、いろんな西野カナを知ってもらえる一枚になっています。これからももっと多くの皆さんに、私の歌を届けられるように頑張ります これからも応援よろしくお願いします ☆」と、喜びを語っています。BIGLOBE MUSICで実施中の「"新シブヤ系"アーティスト特集」でも一番人気の西野カナ。今後も当分この勢いが続きそうですね。

 ★新シブヤ系アーティスト特集
 ★西野カナ「to LOVE」発売記念インタビュー 

< 主なランキングトピックス>
【シングル】
1位:稲葉浩志「Okay」
6年ぶりとなる4thシングルが初登場赤丸付、10.0万枚。これまでのソロ作品同様、全作詞・作曲を自身で手掛け、盟友スティーヴィー・サラスや、B'zのツアー・サポート・メンバーとしてお馴染みのシェーン・ガラスが参加した作品。

2位:flumpool「reboot〜あきらめない詩〜/流れ星」
初登場赤丸付、3.5万枚。2009年2月発売のデビューシングル「星に願いを」での2位に並ぶ自己最高位。初動売上は前作「残像」(今年2月発売)の3.1万枚からアップ。

3位:w-inds.「Addicted to love」
メンバーの橘慶太が主演のNHKドラマ『まっつぐ〜鎌倉河岸捕物控〜』主題歌が初登場赤丸付、3.0万枚。単独名義では26作連続(通算26作)TOP10入り(リミックス・シングルは除く)。

16位:京「京おんな」
正体不明の“匿名演歌歌手” 京(みやこ)の「京おんな」が初登場赤丸付、0.6万枚。コムサ・デ・モードなどのブランドで知られる業界最大手のアパレル・メーカーの(株)ファイブフォックスが展開するブランド『モノコムサ』の舞妓キャラクターによるイメージソング。

   


【アルバム】
1位:西野カナ『to LOVE』
初登場赤丸付、29.0万枚。『Dear…/MAYBE』、『Best Friend』、『会いたくて 会いたくて』など、着うたで1位を独占したヒットシングルを始めとする全14曲を収録の2ndアルバム。

2位:ASIAN KUNG-FU GENERATION『マジックディスク』
映画『ソラニン』メインテーマの「ソラニン」や、アニメ『四畳半神話大系』オープニングテーマの「迷子犬と雨のビート」など、先行シングル3枚を含むニューアルバムが初登場赤丸付、7.2万枚。8作連続(通算8作)TOP10入り。

3位:原由子『ハラッド』
原由子がこれまでにボーカルをとった全ての楽曲の中から厳選した、“原ボーカルベスト”とも言うべき究極のベストアルバムが初登場赤丸付、6.2万枚。TOP3入りは、1998/3/9付、3位の『Loving You』以来、12年4ヵ月ぶり。

4位:氷川きよし『演歌名曲コレクション12〜三味線旅がらす〜』
初登場赤丸付、4.2万枚。TOP10入りは14作連続通算15作目。自身の持つ演歌・歌謡アーティスト記録であるアルバムTOP10獲得作品数を更新。

   


文/グッピー(BIGLOBE MUSIC編集局)
※文中データはオリコンリサーチ社発表資料による

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文