BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS 嵐・カエラ・コブクロが人気、ウエディングソングランキング

<<   作成日時 : 2010/05/28 15:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

もうすぐ6月。日本では梅雨にあたるこの時期ですが、テレビや雑誌ではウエディング特集が組まれ、やっぱりジューンブライドという言葉の浸透力の程が伺えます。ということで、今回は音楽配信サイトのレコチョクが先日行った“感動のウエディングソング”ランキングの結果をお知らせします。

最も票を集めたのは、木村カエラの「Butterfly」。得票数は2位の3倍以上というダントツの人気で1位を獲得しました。結婚情報誌「ゼクシィ」のTVCMで使用されたことや、結婚する友人のために作ったという背景から“ウエディングソング”のイメージが定着。昨年6月に配信限定でのリリースながら、昨年末のNHK紅白歌合戦での歌唱で再注目を集め、リリースから一年近くを経過した現在も、安定して「着うたフル(R)」週間ランキング30位以内にランクイン。先日オンエアがスタートしたばかりのdocomoのCMソングも話題沸騰中の木村カエラ。これからのウエディングシーズンにさらに順位を上げることが予想されますね。

2位は「One Love」で、メンバーの松本潤出演の映画『花より男子F(ファイナル)』主題歌。百年先の愛を誓った歌詞と、映画でのつくし(ヒロイン)と道明寺(ヒーロー)のハッピーエンドが相まって、定番ソングとしての地位を獲得したもよう。映画が大ヒットしただけに、納得の結果となりました。

3位はコブクロの「永遠にともに」。サビの“共に○○”という歌詞を歌う小渕と黒田のハーモニーがきれいに響きあうこの楽曲は、「結婚ってハーモニーだよな」と、2人で歩んでいくことの素晴らしさを感じさせてくれる1曲。4位の安室奈美恵「CAN YOU CELEBRATE?」もさすが、定番中の定番曲。10年以上も前のリリースながら90年代曲で唯一ランクイン。10年ほど前の結婚式披露宴では散々耳にしたこの曲ですが、配信世代も真っ先に思い浮かべる1曲であることが明らかになりました。

今年もこれからのウエディングシーズン、上位にランクインした楽曲は耳にする機会が多くなりそうですね。披露宴で友人代表で歌うとか、花嫁・花婿として参列者の皆様に披露する予定というアナタ、「パソコンでカラオケ!サウンドカフェ」なら月額998円(税込)で歌いたい放題。今から練習して、きたるべく本番に備えましょう!

★結婚の予定なんかない…(- -;)というアナタは
婚活&恋活特集(BIGLOBE占い)


■感動のウエディングソングランキング 
 1位 :「Butterfly」木村カエラ       (2009年)
 2位 :「One Love」嵐           (2008年)
 3位 :「永遠にともに」コブクロ      (2004年)
 4位 :「CAN YOU CELEBRATE?」安室奈美恵  (1997年)
 5位 :「たんぽぽ」遊助          (2009年)
 6位 :「M&A」EXILE            (2003年)
 7位 :「世界に一人のシンデレラ」PENGIN  (2009年)
 8位 :「I WISH」MAY'S           (2009年)
 9位 :「純也と真菜実」ヒルクライム    (2009年)
10位 :「ウエディング・ソング」斉藤 和義  (2007年)
 ※()内はCD発売年

■投票の概要
 - 投票実施サイト:レコチョク 音楽情報(iモード/EZweb/Y!ケータイ)
 - 投票実施期間 :5月11日(火)〜5月25日(火)の14日間
 - 有効回答数  :1,898票

※BIGLOBE MUSICでもウェディングソング特集はじめました。
http://music.biglobe.ne.jp/special/wedding-song.html

  


文/グッピー(BIGLOBE MUSIC編集局)
※文中データはレコチョク発表資料による

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文