BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS 西野カナ、音と光と3Dの最先端ライブで新曲披露

<<   作成日時 : 2010/05/24 15:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

5月21日(金)から25日(火)までの5日間にわたって、SONYにより行われている“共創”イベント「dot park(ドット・パーク)」。音楽・映画・ゲームコンテンツと最新の3D技術を結集させ、多様なアーティストがライブ・インスタレーション・各種作品を通して人々の好奇心を刺激するこのイベントに、5月23日(日)、“ケータイ世代のカリスマ歌姫”西野カナが出演し、光と音と3Dの共創ライブを行った。

画像

西野カナは、このイベントで当日集まった観客とのライティングセッションライブに挑戦。開演前、事前抽選で選ばれたライティングサポーター350人の手元には、音に反応する球体型のサウンドボールが配布され、スタート前から会場内には期待感が漂っていた。そんな中始まったライブのオープニングでは、この日のためだけに編集されたビデオライブがスクリーンいっぱいに映し出され、臨場感あふれるライブ映像によって会場の熱気も温まったあと、ダンサーのパフォーマンスと共に、いよいよ本人が登場。

この日西野カナは、「今夜はPARTY UP」や、ロングセールスを記録している「Best Friend」、そして新曲「会いたくて 会いたくて」と全3曲を披露。配布されたサウンドボールは、西野カナが届ける音楽のリズムに合わせて光り出し、当日会場に集まった観客合わせて、1,000人もの観客と共に創り上げる美しいステージが繰り広げられた。

画像

この、サウンドボールは周囲の音を拾って反応したり、手の振動でも反応する不思議なボールで、この5日間のためだけに特別に用意されたもの。さらに、会場の巨大スクリーンには西野カナが歌うパフォーマンスが、3D映像となって映し出され、会場で配られた3Dグラスをかけた観客たちは、迫力ある映像に興味深そうに見入り、西野カナの繰り広げるLIVE空間を堪能していた。

3D×サウンドボールという最先端の技術と、ファンのリアルな熱気が融合され見事「共創」をテーマにしたイベントLIVE成功させた西野カナ。5/19に発売となった新曲「会いたくて 会いたくて」も大ヒット中であり、9月には初のZeppツアーも実施と、今後も増々その活躍ぶりは加速していきそうだ。

画像


◆西野カナオフィシャルホームページ
http://www.nishinokana.com/



文/グッピー(BIGLOBE MUSIC編集局)

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文