BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS Kylee アメリカ人をもうならせた15歳の歌姫が日本デビュー

<<   作成日時 : 2010/03/19 16:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

アリゾナ在住のシンガー、Kylee(日本語だと「海里」)。アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれ、幼い頃から洋楽とJ-POPに隔てなく触れてきた少女が、シンガーとして本格的な活動の舞台に選んだのは、ここ日本。

デビュー曲「キミがいるから」は、2010年3月27日全国東映系で公開される映画「誰かが私にキスをした」(出演:堀北真希、松山ケンイチ、手越祐也、アントン・イェルチン)主題歌に大抜擢。なんと映画にも出演し、日本で、シンガー、女優とWデューを飾る。3月24日リリースのKyleeデビュー曲「キミがいるから」は、15歳の少女が初めて人を好きになった気持ちを歌ったピュアな初恋ソング。
 
 ★映画「誰かが私にキスをした」 (シネマスクランブル)

CDリリース前の2月から、有線や街頭でこの楽曲のオンエアをスタートすると、問い合わせやリクエストが殺到。有線のリクエストチャートでは、圏外から130位(2/17付け)→75位(2/24付け)→36位(3/3付け)→12位(3/10付け)、更に3/17付けのリクエストチャートでは、1位:安室奈美恵「The Meaning Of Us」、2位:MONKEY MAJIK「SAKURA」に次いで、なんとリリース前にも関わらず、USENリクエストランキング3位となり、日を追ってリクエストが急増している。大手歌詞検索サイトでも検索ランキング1位、動画配信サイトでも1位(音楽部門)と、デビューに向けて15才の次世代歌姫の快進撃が始まった。

デビュー前から、既に話題になりつつある、Kyleeのデビューのきっかけは、弱冠11歳の時に全米プロバスケットリーグNBA公式戦で国家斉唱を行い、5万人からスタンディングオべーションを受ける。その後、地元アリゾナでの大リーグの公式試合(ダイヤモンドバックスvsドジャース戦)でも国家斉唱。かわいらしいルックスからは、想像もできない歌唱力で、ここでもスタジアムにいた観客を熱狂させ、その映像を見た、日本のレコ−ド会社にスカウトされ、今回のデビューとなった。

全米4大スポーツのうち、既に半分の2大メジャースポーツで国家斉唱を行い、残る2大メジャー(NFL、NHL)で国家斉唱を行い、全米4大スポーツ制覇も夢ではない!?音楽業界に新たな、そして圧倒的な歌唱力でアメリカを震撼させた、弱冠15才の実力派女性シンガーKyleeが遂に日本でデビューする。


【Kylee BIOGRAPHY】
1994年、アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれる。2005年、11歳で米プロバスケットボール・リーグ=NBAの試合でオープニングの国歌斉唱を行い、その圧倒的なパフォーマンスに会場を興奮させた。2008年、1st Single “VACANCY”をRX-RECORDSよりリリース。

2009年、1st mini Album “Love Kicks...”発売を期に初のミニツアーを敢行(3/13:宇都宮、3/14:水戸、3/15:ZEPP TOKYIO (Hurley NIGHTS vol.0)、 3/17:名古屋、3/19 大阪)。
カリスマ的アニメーション製作会社「BONES」のアニメ「亡念のザムド」製作チームとタッグを組み、収録曲すべてが「亡念のザムド」のテーマ曲になっている、新人では異例中の異例の期間限定生産のEPを発売。好セールスを引っさげ、SUMMER SONIC 09 SONIC STAGE (LADY GAGA, CSS, ミドリ, LITTLE BOOTSなどが出演)のOAをつとめる。また、11月には、No.1ストリート誌「Ollie」創刊10周年を記念して行われたイベント MADOllie 09 in 新木場STUDIO COASTに出演し、ストリートシーンを大いに沸かせる。

2010年 映画「誰かが私にキスをした」(出演:堀北真希 松山ケンイチ 他)の主題歌「キミがいるから」で待望のメジャーデビュー。


「キミがいるから」2010年3月24日 DEBUT SINGLE
映画「誰かが私にキスをした」主題歌
品番:DFCL 1623  価格:\1.223(tax in)
収録内容:
M1.「キミがいるから」〜映画「誰かが私にキスをした」主題歌〜
M2.「On  My Own」〜映画「誰かが私にキスをした」挿入歌〜
M3.「She wishes 」 〜映画「誰かが私にキスをした」挿入歌〜
M4.「キミがいるから」(LessVocal)
画像

KyleeオフィシャルH.P
http://www.kylee.jp/

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
本 文