BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS 映画「トワイライト〜初恋〜」キャスト来日!サントラも全米 No.1で 超豪華!

<<   作成日時 : 2009/03/02 17:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像


シリーズ累計4,200万部を突破、全世界21カ国で初登場1位を記録し社会現象を巻き起こしているヴァンパイア・ラブ・ストーリー映画「トワイライト〜初恋〜」の出演者が来日し、記者会見とファン向けのプレミアム・イベントを行った。今回来日したのは、主人公ベラを演じるクリステン・スチュワート、世界中の女性が虜になったイケメン・ヴァンパイアのエドワード役のロバート・パティンソン、そして3月末に撮影が始まる続編"NEW MOON"でジェイコブという重要な役どころを演じるテイラー・ロートナー。

裾に白いフリルの付いた黒いミニドレスで登場したクリステンは、映画の印象より大人っぽく、セクシー。日本語で挨拶をして、集まった報道陣から歓声が起こった。ハリー・ポッターにも出演し、また今回もイケメン・ヴァンパイア役を演じ、今年最もアツい俳優とも言われているロバートは、記者からの「役作りのために、どういう準備をしたか」という質問に、ヴァンパイアという孤独でクールな役のために、撮影前に人と会わないようにしたと話していた。

記者会見後に行われたプレミアム・イベントでは、劇中でも使用されているVOLVOの車で、3人がレッドカーペットに登場。クリステンは記者会見のミニスカートとはがらりと変わり、白いロングドレス姿だった。レッド・カーペットに集まったファンは、大きな歓声で3人を迎えた。特に女性ファンが目立ち、ロバートを一目見たいファンが成田空港に500人集まったというのも納得という様子だった。あいにくの雨と寒空の下だったが、3人はファンへのサインと握手をしながらレッドカーペットを歩き、プレス用の写真撮影を行った。

映画「トワイライト〜初恋〜」は、全米で興行成績初登場1位を記録。サウンドトラックも全米売上150万枚を突破し、プラチナ・ディスクを獲得。サマソニ'09での来日も決まったパラモアの新曲2曲や、ミューズやリンキン・パークといったビッグ・ネームも収録されたサントラは、映画に負けず劣らず超豪華な内容で、収録曲は全て劇中で使用されている。

「このサウンドトラック・アルバムが、熱狂的なTWILIGHTファンに受け入れてもらえて、大変嬉しく思っています」と語るのは、サウンドトラックを監修したプロデューサー、アレクサンドラ・パスタヴァス。「映画の登場人物やあらすじに沿うように、私たちはサウンドトラックの選曲をとても慎重に行いました」との事。

映画「トワイライト〜初恋〜」は、2009年4月4日公開。ここ日本でも、ヴァンパイア・ブームが起こること必至だ。

『TWILIGHT』について
『TWLIGHT』シリーズは世界でシリーズ累計 4,200 万部を記録している作品である。『TWILIGHT』関連のファン・サイトは100以上を数え、シリーズはNew York Timesの“エディターズ・チョイス”に選ばれたほか、Publishers Weeklyの“ベスト・ブック・オブ・ジ・イヤー”、Amazonの“現時点において、この10年間で最も優れた作品”、Teen's Peopleの“ホット・リスト・ピック”、The American Library Associationの“ヤング・アダルト向けの本ベスト10”や“読書好きでない人たちのための本ベスト10”等にも選ばれ、37ヶ国語に翻訳されている。この作品の映画化を手掛けるのは、評論家筋から評判の高い映画監督、Catherine Hardwicke。彼女の指揮のもと、この吸血鬼と人間との禁断の恋愛を描いた、映像的で直感的な現代版ロミオ&ジュリエット風物語がスクリーンに再現された。

レーベルサイト
http://wmg.jp/twilight/


トワイライト~初恋~
ワーナーミュージック・ジャパン
2009-03-11
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




テーマ

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
URL(任意)
本 文