BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS THE ALFEEが、映画『ウォーロード/男たちの誓い』日本版エンディングテーマソングに楽曲を提供!

<<   作成日時 : 2009/04/10 15:37   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年デビュー35周年を迎える、THE ALFEEが映画『ウォーロード/男たちの誓い』の日本版エンディングテーマソングに、書き下ろしの新楽曲『風の詩』を提供する事が決定しました。

映画『ウォーロード/男たちの誓い』は19世紀清朝時代の末期、腐敗した清王朝の圧政のもと苦しむ中国の民のため、理想を求めて命を賭けた誓い"投名状"を結んだ英雄3人の、勇姿とその悲しみに溢れた友情の結末を描いた感動巨編。2007年の中国興行収入No.1に輝き、第27回香港電影金像奨では、最優秀作品賞、最優秀監督賞(ピーター・チャン監督)、最優秀主演男優賞(ジェット・リー)、最優秀撮影賞(アーサー・ウォン)、最優秀美術賞、最優秀衣裳デザイン賞、最優秀音響効果賞、最優秀視覚効果賞と、なんと8部門を独占。さらに、第45回台湾金馬賞でも、最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀視覚効果賞と主要3部門を見事に制覇するなど、あの『レッドクリフ』をはるかに超える高い評価を獲得している。

『風の詩』の作詞・作曲を担当するのは、リーダーの高見沢俊彦。映画を観て作曲された『風の詩』は、まさに映画の熱い男たちのドラマを、静かに見守るような熱いバラードになっている。メインボーカルは、桜井 賢が担当する。

<THE ALFEE 高見沢 俊彦コメント>
史実に基づいた、3人の男たちの愛と友情と戦いの物語を見て、心が震える程感動しました。今回、この『ウォーロード/男たちの誓い』の日本版エンディングテーマソングを担当することになり、映像を見る前に、ある程度イメージしていた楽曲が自分の中にはあったのですが、そのパワーと情熱の映像は、すべてを書き直させる迫力を持っていました。「ウォーロード」という壮大な物語と共に「風の詩」とタイトルされた35年目のアルフィーの新曲を、是非とも劇場の大スクリーンでご堪能下さい。

映画『ウォーロード/男たちの誓い』日本版エンディングテーマソングとなる『風の詩』が収録されたDouble A-Side Single『桜の実の熟する時/風の詩』は、5月13日(水)に発売。映画『ウォーロード/男たちの誓い』は、5月8日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国でロードショーされる。

なお、明日4月9日よりTHE ALFEEライブツアー「THE ALFEE 35th Anniversary 2009 CONFIDENCE TOUR」が川口リリアホールを皮切りにスタート。

THE ALFEE オフィシャルホームページ
http://www.alfee.com


タイトル未定(A)
EMIミュージック・ジャパン
2009-05-13
THE ALFEE

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




テーマ

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
URL(任意)
本 文