BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS 水谷豊1年ぶりのアルバムで憧れのシナトラのカヴァーに挑戦!

<<   作成日時 : 2009/06/16 17:04   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


水谷豊1年ぶりとなるアルバム「TIME TRAVELER」が6月17日リリースされた。
2008年に22年ぶりとなるアルバム「TIME CUPSULE」で、オリコンアルバムチャート初登場2位、レコード大賞企画賞、紅白歌合戦出場などお茶の間をおおいに沸かせたのも記憶に新しいが、一年ぶりのアルバムとなる近作では前作では収録しきれなかった当時の名曲に加えて自身初となるカヴァー曲を披露している。

1969年にフランクシナトラが歌って大ヒットとなったスタンダードナンバー「MY WAY」。
10代後半のころにアルバムを手に入れてからというものシナトラに傾倒していた水谷は、いつの頃からか「この歌を歌ってみたい」という思いが強まっていったという。
前回のレコーディングでは再び歌うことの喜びを発見したというが、自身初となるカヴァー曲にもひとしおの感慨をもっているようだ。

他にも今回書き下ろしの新曲となる「大丈夫だよ」や、26年ぶりに作詞作曲をした「シルエット」など11曲が収録。
初回版にはビデオクリップのほか、松本隆との対談やメイキング映像などを収録したDVD付きで、ファン垂涎の内容になっている。

またアルバムの発売を受けて、23年ぶりとなり全国ツアーが決定した。
6月25日の厚木文化会館を皮切りに、全国13か所での公演となる。
前作では実現できなかっただけに、すでに多くの会場がソールドアウトし、各地でいまかいまかと待ち望まれている。
今年も歌手水谷豊の勢いは止まることを知らなそうだ。

<水谷 豊 プロフィール>
1952年7月14日生まれ、北海道出身。68年にTV「バンパイヤ」(CX)で主演デビュー。
少年時代からドラマを中心に活躍する。その後チンピラ役を演じた「傷だらけの天使」(74年、NTV)、熱血先生役を演じた「熱中時代」(78年、NTV)において、その風貌や台詞回しは若者を中心に多大な影響を与え、“熱中先生”は当時の流行語になる。
「刑事貴族2・3」(91年〜、NTV)等、数多くの大ヒットドラマを世に送り出す。
映画「青春の殺人者」(76年、長谷川和彦監督)では、キネマ旬報主演男優賞を最年少(当時)で受賞。
「幸福」(81年、市川崑監督)に出演、そして2008年公開された「相棒 –劇場版-」は「逃れの街」(83年、工藤栄一監督)以来25年ぶりの本格的な映画出演となる。
また、歌手としては、「カリフォルニア・コネクション」(79年)等数々の大ヒット曲を持ち、2008年5月14日にセルフカバーのCDアルバム「TIME CAPSULE」(発売:avex io)を発売。
2009年6月17日には1年ぶりとなるアルバム「TIME TRAVELER」がリリースされる。

水谷 豊ホームページ
http://avexnet.or.jp/mizutani/index.html


TIME TRAVELER(DVD付)
エイベックスイオ
2009-06-17
水谷豊

ユーザレビュー:
心が癒されます水谷豊 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




テーマ

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
URL(任意)
本 文