BIGLOBE 音楽芸能ニュース

アクセスカウンタ

RSS 花男の井上真央×セカチューの平井堅による最強タッグ誕生!!書き下ろし新曲で映画主題歌決定!!

<<   作成日時 : 2009/07/01 10:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


花男の井上真央×セカチューの平井堅による最強タッグ誕生!!
平井堅、書き下ろし新曲で映画主題歌決定!!

累計600万部以上を売り上げている大人気少女コミック『僕の初恋を
キミに捧ぐ』(青木琴美/小学館刊)が遂に実写映画化することが決定した。

主演の種田繭(たねだまゆ)役を、映画「花より男子ファイナル」で主演を果たした
井上真央が、相手役の垣野内逞(かきのうちたくま)役を若手イケメン俳優の
中でも今最も注目を集めている俳優岡田将生(おかだまさき)がそれぞれ演じる。
そして「Life 天国で君に逢えたら」「ただ、君を愛してる」などを手掛けた新城毅
彦(しんじょうたけひこ)がメガホンを取った。

井上真央の大学卒業の時期と重なって制作された本作は、3月19日に
群馬県桐生市で撮影を開始し、5月2日には神奈川県逗子市にてクランクアップ。
今秋10月24日(土)より全国東宝系にて公開される。

そしてこの度、この今年の秋を代表する必涙のラブストーリー
「僕の初恋をキミに捧ぐ」の主題歌を平井堅が担当することが明らかになった。
実に約1年3ヵ月ぶりとなる新曲が映画のために書き下ろされたのだ。

平井堅自身が映画の脚本を読み、
映像を観て特別に書き下ろされた今回の楽曲。
気になるタイトルは「僕は君に恋をする」となっており、
瑞々しくも儚い恋愛模様を描いた素晴らしいラブバラードとなっている。
平井堅自身、「僕の楽曲史上、最も直球バラードと言えるかもしれません。」
とコメントしている。

井上真央といえば、主演を果たした映画「花より男子ファイナル」が興収77.5億円
を記録し、昨年度の邦画実写映画の中でダントツNo.1の実績を記録した。

そして、平井堅といえば、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」に提供した主題歌
「瞳をとじて」が、映画と共に大ヒットを記録。
2004年年間オリコンシングルチャート1位を記録。

今回の井上真央と平井堅という組み合わせは、大ヒット映画主演女優と
大ヒット映画主題歌アーティストという、まさに最強タッグといっても
過言ではないだろう。

映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」ならびに主題歌「僕は君に恋をする」が、
今秋、日本中を感動の涙で埋め尽くすのは間違いなさそうだ。


■『僕の初恋をキミに捧ぐ』ストーリー

主人公の繭は、幼馴染で初恋の相手・逞が病気のため20歳までしか
生きられないことを知ってしまう。
献身的に逞を支える繭とは逆に、繭を想うあまり恋心を封印して
彼女を遠ざけようとする逞。
すれ違う心と心…伝わらない想い…青春の歯がゆさ、もどかしさ…。
「死」による別離というタイムリミットを抱えた二人が、傷つきながらも
成長し、恋を成就させるまでを描いた、切なくも美しいラブストーリー。


■本人コメント

・平井堅コメント
井上真央さん演じる「繭」ちゃんへのアンサーソングとして
今回書かせて頂いた「僕は君に恋をする」は、僕の楽曲史上、
最も直球バラードと言えるかもしれません。
どんなに辛くても、たとえ脆く儚いものであっても、 こんな風に
人を好きになれるといいなと思います。

・種田繭役:井上真央コメント
以前から平井堅さんの歌が好きで、よく聞いていました。
今回『僕の初恋をキミに捧ぐ』の為に書き下ろしてくださった曲も
本当に素敵で益々ファンになりました。
平井さんのせつない歌声が、この映画から流れてくるのを、
私自身とても楽しみにしています。

・垣野内逞役:岡田将生コメント
逞の繭に対する気持ちにぴったりの曲だと思いました。
本当にこの気持を思いながら、僕は演じていました。

・新城毅彦監督コメント
個人的にも平井さんの曲がとても好きで、機会があれば
ぜひご一緒したい!と思っていました。
今回この作品でキラキラした切ない二人の初恋を表現してくれるのは
平井さんしかいないと思い、お願いさせていただきました。


■オフィシャルサイト

平井堅オフィシャルサイト
http://www.kenhirai.net/

映画「僕の初恋をキミに捧ぐ」オフィシャルサイト
http://bokukimi-movie.jp


Ken’s Bar II
DefSTAR RECORDS
2009-05-27
平井堅

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




テーマ

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL


コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする

ニックネーム
URL(任意)
本 文